ビタミン(ブログ)に書いた記事のカテゴリーの中の「忘れられない話」は
まさに私にとって忘れてはいけないエピソードなので「雑記帳」に保存しておこうと少しずつ作業中です。




「正直者は・・」



先週の土曜日、軽井沢のアウトレットに行った時のこと。

三時間ほど、広いエリアをウロウロしてショッピングを楽しみ
そろそろ疲れたから帰ろうかな・・と思いながらも、
まだ未練がましくある店の中で物色していると、
店内にセンターからのアナウンスが入った。
お客様のお呼び出しを申し上げます」どこにでもある、あれだ。
特に注意して聞くこともなく耳の端っこに流れているアナウンス。


「お車ナンバー、長野・・」 あらら、長野だよ


「は」の・・   うちは「○」だね。

○○○○・・
あれれ、うちと同じ番号だ。偶然だね〜、良くあるナンバーだからね。


「○○の○○、色が○○のお客様」  ・・・ねえ・・車種も色も同じだよ?

「至急、お車までお戻りください」

でも、うちは「は」じゃないもん・・でも、聞き違いかも?
だとしたら・・うちじゃん。

どうする?
どうするったって、一応行ってみようよ。



そして二人は、大急ぎで車のある駐車場まで戻った。
これがまた、遠い。ちょうど駐車場と反対側のエリアに来たところだったんで
駐車場ははるか向こう。
しかもきょうは風がやたらに強い。
吹き飛ばされそうになりながら、駐車場に戻った。

なんだろう?
ロックしたよね?


した。

ライトつけっぱなし?  

そんなこと、ない。



なんだろ?なんだろ?

不安を募らせながら、駐車場に急ぐ。



やっとの思いで駐車場に着く。

確かあの辺りに停めたよねえ・・あった!

あれだよねえ、ウチの車。ちゃんとあるじゃん。

別に変わった様子もなさそう・・やっぱりウチの車の事ではなかったのかも。



急いで車に駆け寄った。
すると、気がつかなかったが、すく傍に立っていた若い女性が
緊張した面持ちでオズオズと声を掛けてきた。

「あのう・・この車の持ち主の方ですか?」

「は?はい、そうですが?」

「実は・・申し訳ありません。
ウチの車のドアを開けるときに強風で勢いよく開いちゃって
お宅の車を傷つけてしまったんです・・」


(え?ああ、そういう事ね。)


見ると確かにうちの車の後部ドアの取っ手とその周辺が
塗装が剥げたようになっている。

「申し訳ありません。
子供に気をとられていて・・」


とその女性。若いけれどおかあさんだったんだ。

「風、強いものねえ・・
私も同じような経験でヒヤッとしたことあるのよ。

でも、よく正直に呼び出してくれたね。
逃げちゃっても分からなかったでしょうに・・エライわあ」


そういうと、その女性
緊張が解けたのか涙ぐんでしまった。
「良かった・・いい人で・・どうしようと思った」と、また涙ぐむ。

いい人で良かったと思うのはこちらも同じだ。
この自分勝手で理不尽な人の多い中
よくぞ知らん顔して逃げないでいてくれた、その事に感激してしまった。
しかもこの風の強い、肌寒い中で・・



修理はさせてもらうことにして
お互いの電話番号を教えあって、また連絡することにして別れる。


その足で帰途。
途中でこの車を買った店に寄る。

幸いうちの担当の営業マンがいたので
わけを話すと、やはりその正直さに驚いている
よく「やられた」と言って傷付いた車を持ってくるお客さんもいるとか・・そうだろうねえ。

修理代は向こうで持つ話にはなっているけれど
できるだけ、相手方の負担が少ない方法で・・と依頼。

そして、多分それでも数万は掛かってしまうかな?と思ったんだけれど
結果は、それほど酷い傷ではないからと修理代をサービスしてくれた。

「え?いいの?」
「はい、お客様ですから。で、どうしましょう?
相手方への請求は・・・?」

営業マンとしてはサービスはするけれど
正規に掛かるはずの費用の請求書を書きますか?という意味らしい。

いえいえ、とんでもない。
相手さんが、正直にあそこで待っていて謝ってくれたんですもの。
負担が無いに越したこと無い。

早速電話を掛けて、その旨を報告する。
「え?本当にいいんですか?・・」と信じられない様子。
「いいんですよ、そういうことだから心配しないで。良かったねえ」そういうと電話の向こうで
「本当にすいませんでした」という声が、また涙ぐんでいる。


良かった良かった。
正直者はバカを見る?そんなこと、無い無い。

あの若いおかあさんは、きっとお子さんの良いお手本になりながら
素敵な子育てをしてくれるのだろうな。

もう二度と会うことも声を聞くこともないであろうその人に
心の中で密かにエールを送りながら、そっと電話を切った。

                                       2007年4月16日・18日のブログ記事より転記
HPのトップへ 雑記帳目次へ