キッチンカフェヴェール(Kichen Cafe Vert)
          
 この日の午前中に訪れたyushiさんで教えてもらったおススメのお店。

yushiさん繋がりで行ったお店は、どこも素敵で間違いない(^_-)-☆

今回も初めからもうワクワク嬉しくて、その店に向かった。

今年の6月10日に開店したばかりのお店

        キッチンカフェ ヴェール
新しくできたばかりの店なので、当然ナビでの検索は無理かな・・と思ったけれど
住所を入れたら、案内が始まったので、スイスイ

検索ポイントに着いたら、道路沿いにこんな判りやすい看板が出ていたので
私たちにしては(?)とてもスムーズに、目的地に到着^m^

駐車場も、道路沿いで停めやすいです。


車から降りて、さて、看板はあったけど、どこがお店かな?

あ、駐車場の隣にこんなのが!
これ、シャッターだよね。おしゃれ〜
ん?
でも
シャッターが閉まってるってこと?

違う違う

これもシャッター利用の看板です。

大胆ですね〜!素敵です。

で?

入り口は?

シャッターのお隣の・・どうやら、あの暖簾がそうみたい?
あ、面白い

まるで
お寿司屋か小料理屋の入り口みたい。
玄関脇の可愛らしい
ネームプレートが無かったら
ちょっと「カフェ」とは思えませんね^m^

こういうナイスなミスマッチ・・大好き♪
「玄関」ですから。

ドアベルのチリリンなんて音じゃありません。

「ガラリ」と開けます。勿論掛け声は「ごめんください」です。

普通のお宅の玄関のよう。
タタキの部分も
我が家より小さいくらい。
タタキ・・
そう、「普通のお宅」ですから靴を脱いで、
スリッパに履き替えましょう。

玄関を入ってすぐに目に飛び込む
小振りの時代箪笥と
夏野菜のディスプレー・・

見習いたいセンス♪

廊下を通って奥に入ると

あら!

そこも畳の続き間を
そのまま利用したと思われる
素敵な和空間が目に飛び込んできました。


スリッパを履いたままでも
室内に入れるようでしたが
やっぱり畳の部屋には
脱いで入ってしまいますね。
 二間続きの座敷には繊細なフォルムのテーブル席が。

入り口近くの部屋は二人用のテーブル

奥の部屋には四人用のテーブル

そして

庭に面した小振りの和室には

座卓が二つありました。





私たちが行った時には、
座卓で一組の先客がいただけでしたから

四人掛けのテーブルに
着かせてもらいました。


接待してくださった女性

とても感じが良かったので
メニューをいただいてからも

安心して「どれがおススメですか?」

って聞けました。

そうしたら、嬉しいことに

ひとつひとつ説明してくれながら

「私でしたら・・」と、
ちゃんとチョイスしてくれて。

「そうですね〜・・どれも美味しいです」って

言われる事も多くて

それはそれで、ゴモットモで、
不満はないけれど

こうやって答えてくれると、なお嬉し。

聞いた甲斐があるもの。


チョイスしてもらったまま

ダンさんは一番上の季節野菜とパテ

私はお魚料理

 セットには、冷たいコーンスープが・・

夏はやっぱり冷たいスープが美味しいね♪

子供のお茶碗程度の大きさがちょうどいい。
そして、きょうのお魚料理は
スズキのポアレ

夏野菜がタップリ添えられて。

自家製のパンも一緒に。

「スープをパンにつけて召し上がってください」と

言われたとおりに、最後の一滴までいただきました。



 お魚も、口に入れると、フワリとした旨みが広がります・・・うまっ!
 そしてダンさんの季節野菜タップリサラダと安曇野の放牧豚のパテと
自家製パンのプレート
 本当にタップリのお野菜に隠れているのは・・豚さんです
これも美味しそう!
隠れていたけれど、ダンさんに一口頂いたら、これも存在感が大きい!

オレンジ色のソースはニンジンです♪
自然の味で美味しかったね〜!

デザートは、これまた宝石のように綺麗!
説明してもらったのに・・(^_^;)

底の部分のバニラ色から
ルビー色のジュレ、一番上のブルーベリーまで
何層にもなっているのがわかります?

夏らしい、酸っぱい甘味が
お料理の後にピッタリでした。

そして

コーヒーは・・・アイスや紅茶などもセレクトできますが

私たちはホットコーヒー・・

ふふ

yushiさんちのコーヒーです^m^


優しいホッとする時間を過ごした後

そろそろお暇(いとま)です

廊下を隔てた向かい側に

厨房とレジ、そして

ケーキなどを販売しているコーナーがありました。

ここもディスプレーが可愛らしくて

思わずカメラを向けてしまいました。
 帰り際にここのシェフさんともお話できましたが

とっても感じが良くて、ちょっとyushiさんとイメージが似てる♪

料理を運んでくださった女性も、厨房にいらした女性も

とても明るくて温かい雰囲気で、美味しいお料理を頂いて嬉しい気分を

更に盛り上げてくれました。


YUSHIさんが紹介してくださったこのお店

やっぱり間違いなかった♪

ありがとう!

ごちそうさまでした。



オマケ画像は

ディスプレーに写真だけ飾ってあった「タルト」

実物は冷蔵庫に保冷してあるとのこと。

実物を見たくて、買ってしまいました^m^
   
 桃のタルトと、ブルーベリーのタルト

両方とも

家に帰って、お皿に取り出すときに

タルトから、こぼれんばかりにタップリ♪

二人で半分ずつ仲良く頂きました。


家で食べたから、安心して

タルトとフルーツを口いっぱいに頬張って

美味しさを100パーセント味わっていただきました。

外カフェで頂くときには、この食べ方ができません(笑)

ミルフィーユもそうですが

誰か、上手に、しかも美味しく食べる食べ方、教えてくれ〜(^_^;)



                                            2014.8.24記
   
   
ホームページのトップへ キッチンカフェヴェール

長野県佐久市岩村田930-1
0267-85-2021