カフェ トケトケ        
「東信(信州の東部地方・・上田・佐久・軽井沢方面)恐るべし!」って
最近嵌っている「カフェ巡り」の中で書いているでしょう。
次から次へと発見した素敵なカフェやレストラン、ショップが東信に集中しているんだもの。

そしてその素敵さが、単なる「お店が素敵」ではなく、そこを営む「人」が魅力があって
応援したくなる要素満載なのだもの。

でも・・信州人としては嬉しいけれど、「北信(信州の北部・・長野市以北)」に住んでいるダンカミとしては
少し寂しい。
北信にもそういうカフェ、ないの?特に長野市内に・・そういうカフェ、ないの?
勿論、観光地にはたくさん素敵な店はある。
レストランやカフェも今まで紹介したところ、みんな素敵だ。
だけど、「こんなところに?」っていう、ダンカミの好きなシチュエーションの店がもっとあってもいいんじゃない?

ないわけありません。
ダンカミが知らなかっただけ。

オーナーが、がんばって楽しんで、自分の住む街を愛して・・そういうお店があそこにも、ここにも。

きょうは、その第一弾です。
カフェの紹介だよね?
ここが?^m^

って、思う人、うちを読んでくれてる人の中では少ないかも。

なんせ、最近は「ここが?」って思うところばっかり紹介してるんで、
みんな慣れちゃったでしょ(笑)


それにしても
やっぱりちょっと


「ここが?」ですよね。

だけど〜〜
なんか、いい感じじゃないですか?

ここがカフェだなんて思うと、なんかワクワクしません?
中はどうなってんだりうと、ドキドキしません?

善光寺さんのすぐ裏の小路にそれはあります。

2台分しかないという駐車場が運よく空いていたので(開店の11時30分直後に行ったので)
そこに駐車しました。

ガラガラとなんとも懐かしく小気味いい音を立てて硝子の引き戸を開けます。

硝子戸の中はコンクリート敷きの玄関土間になっていて

ここで靴を脱いで部屋へ続く戸を開けます。

この戸も木の硝子戸。


お店の向かいは「湯福神社」があって境内の緑が素敵な借景となります。

「湯福」・・なんて響きのいい名前でしょう(笑)
部屋の中から土間の雰囲気を。

ちゃんと撮らなかったのだけれど

玄関を入ってすぐ横に

アンティークな脚踏みミシンがディスプレーされています。
先客は一組だけ。

(でもそのあと、次々にお客がやってきて満席になりました)

「好きな席にお座りくださいね」と言われ、壁側の丸いテーブル席に。

座ってからも興味津々で、カフェの中をキョロキョロウロウロ。


きっとここを初めて訪れたお客さんの多くがそうしないではいられないんじゃないかな。
しかも、カミ@ダンカミみたいに

リフォーム大好きの人なら尚更ね。

ここは元は畳敷きの和室だった、普通の民家だったのです。

トケトケのブログに「ビフォー」の画像が出て知りました。

いえ、ブログ見なくても

この造りを見たら、すぐわかりますね。
写真を撮ることを許可していただいて

奥の部屋も撮らせてもらいました。

右側の壁にはキッチンと繋がる窓があります。

後から開けたのかなあ・・



元の造りを想像するのも楽しい♪
最近はカフェ(店)の目的が

お店そのものになってるので

どんなもメニューがあるのかは

あまり問題じゃないんです。

でもランチタイムに訪れるんだから

やっぱりランチらしいメニューがあると嬉しい。


ここにはパスタ類があるって聞いたんで

「じゃ、ランチタイムに行こうって事になりました。

前菜とパスタと飲み物のセットをチョイス

パスタと飲み物は選べて980円。

他にも

デザート付セットや単品など意外に(失礼!)メニュー豊富。

しかもリーズナブル♪

白い布で囲われているところは押入れだった?

中に階段がついてる画像を見たことがあったけれど・・

今はどうなってるんだろう?

見たいなあ・・
見たいなあ・・と押入れ(?)近くに

ノコノコ行ったカミ@ダンカミが

後を振り返って

ダンさんがいる方向を撮ったら、こんな感じ。


アンティークなミシン台やレジスター、電話機

なんだか楽しいねえ♪


ミシン台は、最近、カフェのブームアイテムなのかな

実家にも昔はあったんだけどなあ
ダンさんが真剣に見てるのは「門前しんぶん」

一枚だけの手書きの新聞だけど中味がなかなか濃い。


「小学生の頃に作った学級新聞みたいだね」とカミ。

「うん、今はガリ版刷りじゃないけどね〜」とダン。


ガリ版!そんなのあったね〜・・ガリ切りしてね、鉄ペンで。

なんか懐かしいことを思い出すアイテムが満載だね、ここ」
テーブルの隣の棚には「街並み」という小冊子が。

これ、↑の「門前しんぶん」と同じ所から出されているのだけれど

と〜っても素敵なんです。

私達が生活する街が、本当にイキイキと温かく撮られていて

こんなに素敵な街に住んでるんだ・・日本っていいなと思ってしまう。
その棚の上には
これまた年代モノの柱時計。
ちゃんと動いてる。

ただの丸時計だけど
存在感がある。
時計の脇に・・

ネジだよね、これ♪

ネジ!現役でしょ、勿論。

運ばれてきたスプーンとフォークのセット。
あ、お箸もついてる。

フォークを持ったら・・
重い。

シッカリと存在感がある。
うちもこういうのが欲しいかも。
前菜です。
説明されたけど覚えきれなかった(いつもだけど)
パスタは二種類から選べたので
両方を一品ずつ注文しました。

パスタの種類は
「月替わり」になるようです

ナスのミートソース

釜揚げシラスと大葉のパスタ

飲み物はコーヒーをチョイス

良い意味で期待を裏切られた美味しさ。

久しぶりに「アルデンテ」らしいパスタをいただきました。

満足でした。

善光寺のすぐ近くのこのカフェ。

アクセスも、意外性も、面白さも、雰囲気も、味も

それをトータルした時のコスパも

満足でした。


ふらっと訪れたいカフェを

市内で見つけました。





HPのトップへ
カフェ トケトケ

長野市横沢町723
026・232・2955
11:00〜18:00(17:00LO)夜は予約のみ
月曜、第2・4火曜定休