ホテルコロシアム・イン・蓼科
     
              26年11月初旬


「シェフが異動になるらしいですよ」

白雲荘に宿泊したネット友が、掲示板で情報をくれた。


ビックリして、その異動先を調べたら、

どうやら、白雲荘に来る前にいたホテルに戻ったようだ。

そうかぁ・・・

そのホテルは

白雲荘のように「こじんまり」した宿ではなく、

洒落たリゾートホテル。


こりゃ、今までのように馴れ馴れしく

シェフに直接「美味しいです〜」って言える所じゃなさそう・・(^_^;)。


「美味しいです」って伝えたときの、

あの嬉しそうな笑顔が好きだったんだけどな・・。


ま・・

どっちにしても、大きいホテルは私たちのタイプじゃないし〜〜・・(^_^;)

・・・って、半ば強がり言って、蓼科のことは気持ちの隅っこに追いやっていた・・

ただ、追いやっているはずなのに

「お気に入り」に入れておく辺り、往生際が悪い(笑)






そして・・いつ頃だっけ・・

今度は別のネット友が蓼科のホテルに泊ったと知らせてくれた。

そして「シェフに会えますよ〜!」と、

レストランでのシェフとのツーショットの画像を貼ってくれた。

わ♪

あの懐かしい笑顔が写ってるじゃありませんか!



で・・で・・・即、予約しました(笑)

結婚記念日に一番近い日曜日に♪

あの味に、あのシェフに、再び会うために。



ホテルコロシアム・イン蓼科

 


通常のチェックインは15時だけれど、

直接、宿へ申し込むと、14時に入ることができます。


お天気もさほど良くないし、紅葉もこの付近ではピークを過ぎた感があったので

観光やドライブをせず、14時に合わせてホテル入り。。 

ダンカミ的には、久しぶりの「大きめホテル」

館内を散策したり、

のんびりと読書をして時間を過ごすのもいいかなと

家から読みかけの本も持参^m^

ホテルライフを楽しむ気、満々♪


ホテルの画像は、翌朝撮ったものです。

このグレー掛かっているのは霧!

ちょっと幻想的でしょう(^^)

 
 車をとめると

フロントスタッフさんが迎えに出てきてくれました。

広いエントランスやロビーのあるホテルって久しぶり

あとで、ゆっくり探検し甲斐があるかも。


お風呂やレストランの説明をしてくれた後、

このスタッフさんが3階の部屋に案内してくれました。

 
カジュアルな感じのフロント

かしこまり過ぎず、いい。
   ダンさんが写りこんでしまった画像だけれど

長い廊下。

客室は全部で29室。

以前はもっとあったそうですが

今は29室にしているそうです。



客室は3階と、一部は2階にあります。

私たちは一番スタンダードな部屋だけれど

和洋室、メゾネットなど

いろいろなタイプの部屋があるようです





 スタッフさんが、エレベーターの中の会話で

何気なく、こんなことを。

「安藤シェフもお会いできるのを楽しみにしていました」

え?わぁ〜っ!♪そうなんですか!


テンション、イッキにあがりました(笑)



勿論、こちらから振った話題ではありません。

スタッフさんのほうから

そういわれたのが、すごく嬉しかった♪


そういう情報(白雲荘からのオッカケ)が、

ちゃんとスタッフに通じているんですね。




その一言だけで、これからの一泊二日のホテルライフが

ますます楽しみになりました。


単純だけど、人ってそういうもんだと思いません?^m^



311号室が今日のお部屋

 シンプルかつ清潔なツインルーム

色調もナチュラルで落ち着きます。


ベッドもセミダブルで、ゆったりと余裕があるし。
 部屋もスタンダードですが

このくらいのスペースがあれば、私たちには充分です


ホテルは、滞在中にスタッフさんが部屋にくることが

原則としてないのがとってもラクチン♪

靴を脱いで、

ゴロ〜ンとベッドに転がってみます。



うん、マットレスも適度の硬さで、悪くありません
 
窓の外には白樺が見えます

もう少し前に訪れていたら

紅葉が見事だったでしようね

サニタリールーム

使うことは無かったけれど

シャワー横の壁には

シャンプー・リンス・ボディソープ

 あとは・・・

室内は一般的なホテル仕様なので

アチコチを珍しがって写すという感じではないけれど

目に付いた物を、メモ感覚で撮ってみました。


ちょっと文字を入れた画像にしてみたけれど

見難いかな?

 部屋で一休みしてから

楽しみな夕食の時間まで

お風呂に入ったり、ホテル内を探検したり

部屋でビールを飲みながら本を読んだりして過ごします。



探検中、撮った画像の一部を紹介。

奥からエントランスを見る                ギャラリー
 さすがリゾートホテル。どこも広々スペース

一階には立派なギャラリーもあって

この日は被膜七宝作家、

長林保子氏の作品を展示中。


「撮影不可」とは書いてはなかったけれど

多分NGでしょうね

撮影せずにゆっくり鑑賞しました。



お土産売り場も調和と雰囲気を壊さないレイアウトになっています。

ロビーにはグランドピアノもあります。・

様々なシーンで演奏会など開かれるのでしょうか。
   
  探検中、気がついたものを撮ってみました。

自販・・ないかな?ルームサービス頼まないと駄目かな?
と思っていたら2階にセルフバーがあった♪

あとでビールを買おうっと。

買った分はチェックアウトの時に自己申告です。
エステルームなどもあったけれど、縁がないからスルー(^^ゞ



二人の興味を惹いたのは

「ビーカーブー」(いないいないばーという意味だそう)

という名の、寛ぎ部屋?娯楽室?っていうのでしょうか

ブルーレイも観られる3Dテレビや

たくさんの雑誌や漫画

それにビリヤードなどもあって、なかなか面白かったです(^^)

私たちはすぐに次の場所を探検に行ったけれど

ここで時間を過ごすのも悪くないと思う空間でした。
   
 それから・・

エステと同じくらい、私たちには縁のない場所ですが「喫煙室」を紹介

ネット友からのリクエストで撮ったので

一応参考のために、喫煙者の皆様へ^m^


3階の客室だったところを喫煙専用の部屋にしたようです。

ちょうど廊下の中央辺りの部屋です。



中に入ってみましたがいわゆる「タバコくささ」はなく

結構居心地いい空間でしたよ。

テレビも本もあるし。


客室の一部なので、喫煙する方は、予約のときに、

その近くの部屋にしてもらえばいいかも。



ちなみに1階にも喫煙部屋がありました。

   
 そしてお風呂・・

大浴場は男女それぞれ内湯と露天風呂があって

露天風呂は、私たちが行った時には「りんご風呂」でした。

内湯は温泉です。

温泉は循環ろ過なので

温泉にうるさい方々には合わないと思いますが

ここには温泉目的で来たのではないので

明るくて綺麗なお風呂で、リラックスできて満足でした

大浴場にも、後で紹介する貸しきり風呂にも、

備え付けのホテル仕様のタオルがたくさん。

バスタオルは無かったけれど

不便は感じませんでした。

どうしても必要なら、部屋に備え付けのバスタオルがあるしね


 女性用大浴場
   
 
 男性用大浴場
   
   
 お風呂上がりのコーナー
   
 貸切風呂も2箇所あります

15時から23時まで、空いていれば何度でも。

時間制限も無いようですが

そこは常識の範囲でね。

貸しきり風呂エリアの前に札があるので

利用するときには「使用中」にします。
   
 和風貸しきり風呂「池のくるみ」

窓は無いので開放感はないけれど、デザインが面白くて

却って落ち着いた雰囲気に仕上がっていました

切り抜きお月様が舞台美術みたいで独特の空間(^^ゞ

   
   
↓こちらは 洋風の貸切風呂「ヴィーナス」

サウナもついています。

全体的にクールなイメージ・・

ヴィーナスというより

なぜか、「2001年宇宙の旅」を連想した私(^^ゞ



ふたつとも

とても個性的な貸しきり風呂です
   
 このほか、有料ですが「岩盤浴」もあったみたいです。

宿に直接宿泊予約した人は半額になる・・という特典もあったようですが

私たちは今回の最大の目的はシェフのお料理ですので(^^)



お風呂に入って、部屋でビール飲んで・・

のんびりお喋りしたり、

持参のタブレットでネットサーフィンしたり・・・



夕食まであと少し(笑)

                             夕食編♪に続く〜〜
   
早く食事の時間にならないっかな〜♪
HPのトップへ
コロシアムイン蓼科
〒384-2309
長野県北佐久郡立科町女神湖畔
0267-55-6341