函館朝市
「大人の休日倶楽部」では北は函館まで行かれる。
折角行かれるのだから、と積極的だったのはダンさんだった。
カミさんは、始めはどっちかというと東北の温泉に二泊のほうが・・

でも、函館に美味しいものを食べに行く、ただそれだけの旅も面白いと
ダンさんにすべて任せて、二泊の内一泊は函館、ということになった。
宿泊は格安のビジネスホテルでいい。目的は「食」だから。
函館での夕食を、思い切り、函館らしく♪
そして朝市で朝食たべて
お土産買って・・

ダンさんは旅行直前まで「飛び切りの店」を探していた。
函館行き「特急白鳥」
前回の東北旅行では、この電車に乗ったけれど途中下車。
今日は、函館まで行くぞ〜
青函トンネル、くぐるぞ〜〜



海の中を通る青函トンネル・・なんだか不思議でした。
人間ってすごいものを作るよねえ・・

トンネルの途中に「駅」があるって知ってた?あるんですよ。
降りて・・どうすんのよ。

なんだか海の中に放り出されてしまうような気が・・しません?
函館到着!
北海道の地に初めて足を踏み入れます(笑)

あ、これなあに?
路面電車?
どこかでみた事ある〜!昔は横浜でも走ってた〜〜!
写真、撮っておいて!


と、うるさいカミさん。
北海道に来た事でテンション上がってます。
で、駅の傍のビジネスホテルに到着・・
ん?ビジネスホテルか?
想像していたより小さいし、チョット見、ラブホみたいだぞ。
と、ちょっとテンション下がるも
まあ、函館には宿泊目的じゃなく美味しいもん食べに来たんだから
泊まるところなんかどうでもいいね。

さてさて、ダンさんが入念に調べて
自信持って席を予約してくれたお店にGO!
新鮮なイカ〜!うに〜〜!楽しみ〜〜
ところが・・ここが実は大ハズレでした。
書いても仕方ないし、思い出すとやっぱりちょっと残念なので
ここには書かないけど・・
カミさんは一挙にテンション下がるし、ダンさんもガッカリだし・・
そのうち腹が立ってもくるし・・


美味しいものを食べに・・それだけが目的だったのに。

その夜は本当に悲惨だったのです(笑)

明日の朝市で行く店に期待しよう

ダンさんになだめられて、やっと寝られた夜でした。



 
翌朝〜〜!
夕べの分も取り戻すぞ!
このまま帰ったんじゃ、函館が嫌いになっちゃう!

と、いうわけで張り切って行った朝市。

いや〜〜♪楽しかった〜!行って良かった!
朝食は、このうに むらかみに決めていた。

朝は軽く・・と当初は思っていたけれど
夕べ、大失敗して殆ど目的を達成できなかったので
ここでは朝から「うに丼」と「海鮮丼」

あま〜〜い・・うま〜い・・
昔はウニが苦手だったカミさんでしたが
今は本物のウニなら好き〜〜

ホタテとウニとイクラの海鮮丼
ホタテがシコシコしてるなんて
目からウロコ
そしてコレコレ!!
「活(かつ)いか」
本当に生きてます。
こんな姿になってるのに、動いてます、
吸盤が器にしがみつきます。
泣きたいくらい美味しいです。


このお店は朝市だけでなく、夜もやっているそうな。
昨日、ここに来るべきだったねえ・・と後悔しきり。

今度来たときは絶対にここね、と
リベンジを誓う二人でした。
お腹イッパイ、心も大満足になった二人は
この店で横浜の母に大好物のウニを送る手配をしてから
朝市に繰り出す。

なんでもあって、活気があって、ワクワクするくらい面白かった。
こういう雰囲気、大好き。
いろんなものが買いたくなる。


ただ、お店の呼び込みさんの言うことをみんな聞いてると
幾らお金があっても足りないかも。
でも、そういう口上を聞くのも楽しかった♪

上の画像は蟹さんが店の前で呼び込みしてるところです・・(笑)
市場の傍の「青函連絡船記念館」では
こうやって、昔活躍した「青函連絡船」が展示されています。

以前、青森駅に寄ったときも、こういう展示があったけ。

青森と函館と・・

青函連絡船に乗ることは叶わなかったけれど
両方の港にこうやって来られて、なにか感慨深いカミさんです。
オマケ
市場で昆布を売っていた行商のオバちゃん
笑顔がいい♪
こういう笑顔が市場中に
イッパイイッパイ溢れていた。

元気をありがとう!

またきっと来るからね!
20年6月下旬訪問

トップへ
函館朝市HP