櫻亭
長野県飯山市内の「飯山城山公園」内にこの「お休み処 櫻亭」はあります。
飯山市民会館のすぐ向かい側にある、
落ち着いた雰囲気の店、それが櫻亭です。

駐車場は店の前には3台ですが、城山公園の広い無料駐車場が
歩いて2〜3分の所にあるのでそこを利用しましょう。

櫻亭入口

櫻亭内部

櫻亭カウンター席
暖簾をくぐって引き戸を開けると、木をふんだんに使った、
洒落て落ち着いたインテリアと
店の方の穏やかな声が迎えてくれます。
ラティスで仕切られたテーブル席と、カウンター。

私達は窓からの景色が見えるテーブル席に。
後から入ってきた初老の紳士は、カウンターに座って
この店の方と親しそうに談笑していました。
常連さんでしょうか。

万葉べんとう
女性に人気なんですって。
お上品な飾り付けとヘルシーな食材が人気の理由かな。
店の方がおしぼりと
和紙でできたメニューを持ってきましたが
二人の注文の品は決まっていました。
女性に人気の「万葉べんとう」1000円です。
ご飯に紫米が使われているそうで、
ネットでの検索で知りました。
食後の飲み物も付いています。
コーヒー、紅茶、抹茶のいずれか。

ただちょっと気になることを確認。
「食材にお蕎麦は使われてますか?」
「え?お蕎麦、ですか?いいえ」

なら、安心。
蕎麦アレルギーのダンさんでもオーライです。
なんせ、最近は蕎麦そのものだけじゃなく
蕎麦粉や蕎麦の実も流行ってますから・・

ふたりで「万葉べんとう」とも思ったのですが・・
メニューの中に「櫻亭べんとう」というのがありました。
これ、何かな?
折角だから、違うものを注文してみない?
同じ1000円だし。
二人で「分けっこ」して食べない?

で、ダンさんは万葉べんとう、カミさんが「櫻亭べんとう」
勿論、食後のドリンクは、ふたりともコーヒーです。

右の画像が、櫻亭べんとうです。
テーブルに置かれたときは思わず
「あら!何これ〜?」
風呂敷をといてみると・・
中からは三段重。
中身は、ご飯はゴマ入り白米でしたが、
あとは「万葉べんとう」と全部同じでした。
でも、器が変わると、なぜか雰囲気や
味まで変わる気がするから不思議ですね。
これは家での器の使い方の参考になるな。

映画「阿弥陀堂だより」の挿入曲が静かに流れる店内で
食後のコーヒーをゆっくり飲んで・・
これで1000円はお得感があるかな。

他にも食事は600円くらいから。
喫茶のみのメニューもありますから、
気軽に入って洒落たインテリアの中で
くつろぎの時間を楽しめます。

お腹も気分も満足で外に出ます。
お店の前で恒例の記念撮影。
この店のある公園は桜が有名だそうです。
それで「櫻亭」なのでしょうか。
北信濃の遅い春にはこの公園で
「お花見」が楽しめそうです。

菜の花の時期よりほんの少し前・・
桜の時期にまた来たいと思いました。
きょうは、ごちそうさまでした。

                                                  (15年11月中旬訪問)

公園内の木々にもう雪囲いが・・
そう、ここは豪雪地帯飯山です。
まもなくここも一面銀世界になるのでしょう。
飯山市城山公園 電話0269-63-2497 
営業/10時〜16時、土日祝〜18時 
定休/月曜 P/3台(他に市営無料駐車場あり・・すぐそば)
   トップへ