作並温泉    作並ホテル

                19年3月中旬
休前日 @10500円(税込)
こんな事言ったら「作並ホテル」さんに悪いんだけど
このホテルの存在を全然知らなかった。

作並と言えばやっぱり「岩松旅館」か「一の坊」でしょう。

今回泊まった「作並ホテル」は、
前述の二つの大きな宿に挟まれてひっそり建つ
古くて小さなホテル。

実は急に仙台で宿を探す事になったものだから
「岩松」「一の坊」も当然満室・・

ビジネスホテルでも仕方ないと思っていたら
ヒョンな事でこの宿が検索にひっかかった。

岩松旅館と一の坊の間に?ホテルなんかあったっけ?
でもサイトに「神の湯」って書いてあるよ。お湯は自慢らしい。

上等じゃないですか。、お湯が良けりゃ。
混浴じゃないらしいけどそれは仕方なし。
HPにもUPするつもりもないし、ここに決めてしまおうよ。

と、少々テンションの低いままに泊まった宿ですが・・
折角だからやっぱり紹介してしまおう。
予定外のUPなので、準備不足の簡略UPだけれど、お許しを。
「二つの大きなホテルの間にひっそりと佇む宿」と書いたけれど
実は5階建てのコンクリート作りの建物で、
決して私達の感覚からすれば「小さい」部類には入らない。
でもなんせ、お隣の「一の坊」も「岩松旅館」も
客室数100以上、収容人数何百人・・という大型ホテルなので
20室のこの宿は本当に「小ぶり」に見える。
建物全体もロビーも
きらびやかでもなければ
侘び寂びとも縁のない
ごくごく平凡な感じだけれど
漠然と持っていたイメージとそう違わなくて
特に可も無し不可も無しという印象。
部屋に案内してくれたのは年配の
もしかしたら女将さんかもしれないと思わせる女性。

途中の廊下はだいぶ古い感じがして
入り口ドアも味も素っ気もないという印象。
昔、修学旅行で泊まった宿がこんな感じだったかも。
でも室内は意外に広くて明るかった。
8畳の和室に
窓際の板の間が付いているだけの
シンプルな部屋だけれど
開放部が大きいためか、部屋の畳数よりも
大きく感じる。

部屋にトイレはないけれど
小さな洗面台が付いているので問題なし。
部屋に案内してくれた女性が
とっても気さくで
温泉談義など
積極的に相手をしてくれる。
ダンカミ的にはそれだけでも印象がUP。

こういう事は好き嫌いがあるだろうね。
ホテルのように放っておいて貰いたい人や
「下にも置かない」扱いを望む人には
合わないかもしれない。

ダンカミはホテル感覚も好きだけれど
どちらかというと
縁あってお会いしたお宿の人との
「一期一会」を楽しみたいタイプかも。


年季もんのエレベーターでお風呂に向かう
一服する間も惜しんで早速お風呂へ。
「今なら貸しきり状態ですよ〜」という宿の人の声に押されて。
ただし、いくら貸しきり状態と言えどもここは男女別浴。
一緒に入れないのが残念だねえ

でも、それ以外は本当に申し分ない温泉だった。

ここは自家源泉を持つ宿で
源泉かけ流しに24時間いつでも入れる。
男性内湯「岩の湯」
内湯といえども開放的で
広い浴槽には無色透明な湯が静かに溢れる。

源泉の湧く「温泉口」は
温泉の成分が真っ白な塊となってこびりついている。

湯に身体を沈めてしばらくすると
肌が滑らかになるのを感じる。

宿の人が「美肌の湯」といって自慢していたのを思い出す。
ダンさんが外の景色を見ようと
窓に近づいたら・・あれれ!
一段高い位置に
隣の宿「岩松旅館」の建物が。
まあ、ここは男湯だし・・
内湯は湯気がこもっているから多分見えないだろう。

カミさんが入っている女湯は
どういう位置かな?だいじょうぶかな?
カミさんは、その頃
もうもうと湯気の立ちこもった「姫の湯」に身を沈め
「美肌の湯」を実感していた。
ガラスのドアを開けると
屋根つきの露天風呂「福の湯」が。
自家源泉で毎分110リットル、
一日にドラム館800本分もの源泉が
絶え間なくかけ流されているのだそうな。
内湯にも露天風呂にも誰も居ない。
お湯も独り占め。
雪景色も独り占め。
幸せなのだけれど
本当は「二人占め」が一番好きなのだけれど。

そうそう
ここには「貸切」の家族風呂も二箇所ある
勿論、そこも源泉かけ流し。

ちょっと小さいのが難で、珍しく入らなかった。
折角の貸切に入らずじまいなんてオカシイ?

実は「貸切に入らないでも済んだ」ちょっとしたワケが。
それはまた、のちほど・・
ダンさんが女湯のほうに露天風呂があったことを羨ましがる。
「男湯のほうには無いの?」
「うん、大きな内湯だけ」
「そうかあ?確か男湯にも露天風呂があるって書いてあった気がするけれど
「そうだよねえ・・でもなかった」

それでも二人とも、ここのお風呂に充分満足して部屋に戻る。

コンピューター管理の冷蔵庫から瓶ビールをガチャンと取り出して
「お疲れ様でした」のカンパイ。
夕食は6時からにしてもらった。
部屋食。



蛸わさび和え・からし菜の数の子和え・鴨ハム・ ふきのとう煮

仙台牛たたき  胡瓜と食用菊の酢の物

お造り(鯛・マグロ)

鍋もの(筍、鱈の目・ふかひれなど)

ヨモギ饅頭の蟹と生姜のあんか

うどの胡桃白和え

ホイル包み(サーモン・しめじ・かぼちゃ)
抹茶餡のデザート

吸い物・御飯・漬もの
食事は全〜然期待していなかった。
ほとんど下調べ無しで急遽決めた宿。
しかもこの温泉地では格安の一万円。
お湯さえ満足できれば良し、と思っていた。

だから思いの外、ちゃんとした夕食は、ちょっと嬉しい誤算。
「悪くないよねえ、ここ」
「意外だったね」
持ってきたワインを飲みながら(あ、言っちゃった)
二人だけなので、好きなこと言える。
「これでお風呂に一緒に入れたら、いう事ないのにねえ」


お風呂と言えば、
食事を運んできてくれた係りの人に、露天風呂のことを聞いてみた。

お風呂、とてもよかったんだけれど
(男性用にも)もうひとつ、露天風呂があるって聞いた気がしたんですけど」


すると
「ああ、ありますよ。
玄関を出て左に少し行くと・・良かったら入ってみてくださいな


なんか、その言葉の雰囲気、
二人でどうぞ・・って聞こえたんで、思い切って念押ししてみた。

「夕食後、私も一緒に入ってもいいかしら?」
すると
いいんじゃないですか?この時期は(寒くて)入る人もあまり居ないと思いますよ」

あ♪ほんと?いいの?
食事が終ると
宿の方に蒲団敷きをお願いして
そそくさと、教えてもらった露天風呂へ。

玄関を出て宿の裏に廻った男性用の浴室の
すぐ下の位置に・・あった!誰も居ない♪

折りしも、雪がちらつき始めて
露天風呂は幻想的な雰囲気に。
「かじかの湯」という名前であることを後から知った。

そして混浴ではなくて男性用であるらしいことも
後でネットを検索していて知った。

この湯は渓流沿いにあるのだけれど
渓流を挟んだ向こう側に
隣の宿の客室窓がズラリ
この暗さではまず見えないだろうけれど、
さすがに昼間に女性が入るのは難しく、
男性用になってるのも仕方ないか。
でも、今夜は宿の人の好意で二人で入れた・・感謝。

今夜はこの宿も満室だったから
もしかしたら他の客も入ってくるかもしれなかったのに
快く許可してくれた・・大感謝。

やっぱり二人で一緒に入る温泉は
泉質や環境を越えて無条件に心地よい。

思わぬ幸運で二人は
いつもの湯浴み以上の嬉しさを噛み締めていた。
露天風呂を出て、宿に戻ると
最初に部屋に案内してくれた女将さん(?)が
「どうでした〜?」と声を掛けてきた。
「ありがとう〜!いいお湯でした。
暗いからどこからも見えないでしょうから、思い切って入っちゃった♪」

と、いうと
「そうですよ、折角なんだから入らなきゃね。
明るくたって見えない見えない」
って。

え〜?じゃあ、明日の朝も入っていいのかな?
そう思ったけれど、
翌朝は男性グループが露天風呂にいくのが部屋の窓から見えたので断念。
もともと混浴じゃないんだからね。
朝食も部屋食
「ビールが飲みたいな」という
ダンさんの言葉を無視して
いただきま〜す。
チェックアウトしてから
どうしても昨夜入った露天風呂がまた見たくて
急いで行ってみる。
宿の裏に廻ると・・あった。
脱衣場。
こうやって明るい所で見ると
なんて簡素でオープンだこと。

その脱衣場の前には・・
ああ〜・・夕べ入った露天風呂。
誰も入っていないのに、とうとうと湯が流れている
昨夜、入ったんだよねえ・・
温泉に身体が引き込まれそうになる。
入りたくて入りたくてたまらない気持ちを抑えるのが大変。
でも、ふと見上げると
隣の宿の客室窓が。
やっぱり昼間、女性が入るのは難しそうかも・・

改めて
昨夜入ることのできた幸運を噛み締めるカミさん。
もしかしたら穴場かもしれない。
二人にとっては思いの外「当たり宿」だった。

でもね
ここへの点数をつけるとしたら、すごく甘く高くなる気がする。

それは
今回は諦めていた「二人で一緒に露天風呂に入る」ことができたから。
しかも本当は混浴じゃないのに入らせてもらえた・・
これだけでもとても得したような気分で印象がますます良くなってしまった。
人って「特別サービス」とか「あなただけの特典」って弱いものだモノ〜


こんな粋な計らいをしてくれるなら、
また仙台に行ったときには泊まりに行きたいかも(^^♪

HPのトップへ
作並温泉 作並ホテル