洋風旅館 ぴのん
レストラン「夢味亭」でランチオフ
                                  
伊香保温泉にある「洋風旅館ぴのん」に行ってきた。
宿泊ではなくてランチに行ってきた.のだけれど。


もっと言えば
ぴのんが営んでいるレストラン「夢味亭」で、オフ会をしてきた,と言うのが正しい。


ぴのん・・と言えば、「蕨屋さん&みーしゃさん」を思い浮かべる人も多いと思う。
なんせ「ぴのん」の超常連さんで、うちが、ぴのんを知ったのも、
このご夫婦からなのだから。

そして今日のオフ会のお相手も、その蕨屋次郎さんと、みーしゃさん御夫婦。

このお二人とは一昨年、軽井沢でお会いしている(軽井沢オフ会はこちら)

そのオフ会の時に、既に
「今度は、ぴのんに招待します」と嬉しい宣言されて・・

あれから、うちが都合がつかず、申し訳なかったのだが
気長に待ってくれて・・やっと今回の「オフ会、再び」となった

ぴのんは、是非とも行ってみたかったところなので
本当に楽しみ。
しかも、超常連(宿もレストランも)のお二人が一緒だから
心強いこと、この上ない!
お任せ〜〜って感じで、気楽〜〜に行く事ができた。

                洋風旅館「ぴのん」


高速を使うと、多少遠回りだけど2時間半ほど。
下道を通ると、距離こそ短縮だけどエラク時間が掛かるという試算が・・
(帰りに下道を通ってきて、これが間違っている計算だとわかったのだけど)

初めての場所で、しかも待ち合わせしてるのに、
時間が判らないのはNGと、高速を走った。

週末の高速道路・・普通なら、かなり混んでるのに・・ガラガラ。
観光バスも一台も見なかった。


異常だよ・・
震災から一ヶ月・
「自粛」という目に見えない怪物が、日本中を走ってる。



途中で、みーしゃさんと連絡を取りながら、
ほぼ同時刻に ぴのんに到着。


生憎の雨(私にとっては花粉症軽減で恵みの雨)で
一足先に着いていた次郎さんみーしゃさんは
車の中で待っていたけれど、勿論、すぐに目が合ってお互い手を振る。


みーしゃさん
髪をスッキリとショートにして明るい色に染めていた
元気になったのが、外見にも表れている♪


早めに着いたのだけれど
店内に入れるという事で、中で待たせていただくことに。

「おじゃましま〜す」と、みーしゃさん家へお邪魔する感覚^m^

ぴのんの外観も内装も、
画像を見ていて素敵なのは判っていたけれど
やっぱりナマで体感するに限る・・

みーしゃさん達は、プロローグでも触れたけれど
ぴのんの超常連さんなので
専務さん他、皆さんととても親しそう。



私達と訪れることを前もって話してあったようで、
わざわざ紹介されちゃって、ちょっと恐縮。


しかも「人気ブロガーさんです」などと紹介されちゃって
益々、恐縮。


そ、そんな事ないですから〜って、しどろもどろで
ちょっと、「らしく」なく緊張(笑)


若女将さんとみーしゃさん

若女将さんは、HPにも登場なさってるし「公人」ですが、
一応、うちのHPのお約束でボカシを入れて(^^)
案内された席は
ゆっくり気兼ねなくおしゃべりが楽しめそうな空間。

この時間はまだ「母親タイム」のはずの
若女将さん(専務さんの奥様)
わざわざお顔を見せてくださって
いろいろ話を聞かせていただく。

気取らず、とても気さくで魅力ある若女将さん。

こんな機会があったのは、やっぱり
超常連さんと同行したからこそ・・・感謝。


主な話題は、やっぱり震災後の諸々の影響・・


ナマの声を聞かせてくださってありがとう。
やっぱり、元気に動ける人は動かなくちゃ!と改めて。
そうそう、肝心な本日のメニューは・・

招待してくださった、みーしゃさんご夫妻に
全部お任せ!

みーしゃさんが
「それなら、これがいいと思います」と、
ぱぱっと選んでくれる。

お任せした方としては頼もしいし、
小気味イイ事この上ない。

その、みーしゃさんが選んでくれたのは

「ぜいたくランチ」

そ!贅沢なランチです
まずは野菜のコンソメ

野菜からの味がシッカリ出てて美味♪

そして、大きなプレートに乗った「ぜいたくランチ」が登場♪

いただきま〜す

肉(フレンチ)

鶏肉のネギ詰め ベーコン巻き




魚(シノワーズ・・中華)

カジキのフライ カレー風味ソース

メインディッシュが、フレンチと中華の両方になるから「ぜいたくランチ」 

料理長とシェフ、それぞれが絶妙のコンビネーションで腕を振るう。

ランチメニューは週替わりになるので、みーしゃさん達のようにチョクチョク行っても
その都度楽しみなワケだね、納得♪

サラダ

点心

左の画像はミニチャーハン

ライス、チャーハン、蒸しパン・ミニラーメンの中からチョイス。
みーしゃさんとダンさんはチャーハンで・・
私は蒸しパン。
折角だからダンさんのチャーハンも味見したけど、
パラパラと、とても美味しかった。

蒸しパンも上等な中華マンの皮の部分・・という感じ。
弾力があってとても好きな味♪
美味しく食事をしながら、今回も本当に楽しく話が弾んだ。
前回、初対面なのにリラックスしてお喋りできたが
今回もそれ以上に、自然体でいろいろな話が出来た。


私なんかお喋りばっかりだったので、
食べるのが一番遅くなっちゃって・・いつもの事だけれど。

でも、お喋りも食事も、本当に楽しくて美味しくて・・

デザートもコーヒーも頂いても
まだまだ話は尽きない


そうそう!
次郎さんだけは「贅沢ランチ」じゃなかったんだっけ

次郎さんがチョイスしたのは・・
ステーキと車海老のカレー
画像は、向かいの次郎さんの席に置かれたお皿を
こちらから撮らせてもらった。

ぴのんに宿泊すると、この夢味亭が食事処になってディナーがいただけるという。

ランチがこんなに充実しているのだから、ディナーはさぞかし満足するんだろうな・・

勿論、ワイン付きでね・・実現しなくちゃ。
ランチは11時30分から2時30分までなのだけれど
あっという間に時間が過ぎてしまった。

名残り惜しいけれど「ごちそうさま」と席を立つ。

ロビーからデッキを見ると、
さっきは気が付かなかったけれど

なんと足湯。

お天気が良かったら、

ポチョンと足を温めたいところ^m^
レストランを出て恒例の記念撮影。
みーしゃさんたちは、これから草津の宿に宿泊。

楽しんできてくださいね。
どこも観光客が激減していて、悲鳴をあげている。

こんな時こそ動かなくちゃ・・という気持ちは、蕨屋家もダンカミ家も一緒。

みーしゃさんが
「専務と撮らなくていいんですか?
いつも店の人と撮ってるじゃないですか」」って
気を利かして、専務さんに声を掛けてくれた。


ええ〜っ?

確かにそうだけど、それはお泊りの時の事でしょう?
ランチに来ただけなのに、申し訳ない・・
って思ったけれど、専務さんも快く応じてくれて・・

すいませ〜ん、じゃ、遠慮なく・・とパチリ。

ふふ・・

今度泊まらせていただいたときの
前撮りですかね(笑)
最後まで丁寧に見送ってくださって、
まるで宿泊をしたような錯覚。

これも超常連のみーしゃさん達と一緒に行ったお陰だね。

ぴのん・・本当に素敵なお店だった


今度は

「素敵なお店」ではなく「素敵なお宿」として

このページに載せたい・・密かにそう思っている。


ごちそうさまでした。



                            2011年4月初旬訪問
HPのトップへ 伊香保温泉 洋風旅館ぴのん

〒377-0102 群馬県渋川市伊香保町383
TEL:0279-72-3308