小布施町

小布施町(おぶせまち)と読みます。
長野市から20キロ程北東にある町です。
上信越自動車道の信州中野インターからも7分ほどでこれるこの町。
カミさんが とてもとても好きな町で
こちら方面にドライブする時は時間がなくても
ダンさんに小布施の町中をゆっくり走ってもらい
助手席のガラス窓に顔をくっつけるようにして街並みを観ます。
ダンさんと一緒が好きなカミさんですが
ここはひとりでも歩きたい街です。


小布施は昔からある街ですが
今の景観になったのはごく最近のことです。
街と商工会とそこの住む町民とが一体になって
街の景観を作り上げようと立ち上がった街です。

その「意気込み」が素直に伝わってくる街。
その「ひたむきさ」が結果となって現れている街。
カミさんはそう思います。

作った・・と言っても、「人工」という言葉が前に出ないで
「人の心」が感じられる、だから好きな町です。
町の人の誇りを感じる、だから好きな町です。

そう思うのは、カミさんだけではないのでしょう。
最近はとにかく観光バスなどが列をなし
全国の商工会など
町おこし、村おこしの関係者の視察も後を絶たないそうです。

好きな町が、目論見通り、メジャーになるのは嬉しいけど
反面、複雑な心境のカミさんなのです。

「小布施の街はスニーカーサイズ」をスローガンに
最寄りの駅から
歩きながら楽しめる距離にこの街並みがあります。
勿論、大駐車場もあり(4時間200円ですが、実質1日200円)
車で来ても、何の心配もありません。

画像だけ、UPします。
こういう街です。きっとこれからも進化し続けるでしょうが・・

                                

散歩道

路地裏

信用金庫

新聞店

土産物店

プチホテル
ちょっと気になるお店
よしのや

中島千波館のそばにあるギャラリー。
センスの良い手作り家具、食器を中心に生活を和ませる品が揃っています。
特に目的がなくても、ふらっと立ち寄りたいお店です。
お友達や、大事な人へのプレゼントはここで選びたいと思っています。
今、ダンさんとカミさんはここで二人のビアカップを捜しています。
TEL 026-242-6606 
営業時間 10時〜18時 
定休日 水曜
寄り付き料理 蔵部(くらぶ)

北斎館の前にあります。
立派な構えでしょう。
初めての人はちょっと躊躇しますよね。でも大丈夫。
昼の部に行くと、1500円ほどで美味しい食事ができます。

中は酒蔵をモダンに改造した広いけど非常に心地よい空間です。
カウンターがお薦め。
なぜなら、ここの従業員さん(多分、全員男性です)が
はっぴ姿・ねじり鉢巻きでキビキビと、大きなかけ声をだして
働く姿を目の前で見られるからです。
「イナセ」な姿を見に行くだけでも価値あり。
勿論、カミさんだけでなく、ダンさんも大のお気に入りです。

ただし、ここも今ではすっかり有名になっているので
いつも満席。
昼の部は10時半から2時までですので席の予約はしたほうがいいでしょう。
枡一酒造という有名な酒屋さんが経営してますので
美味しいお酒が飲めます。
昼の1500円の海鮮丼はお酒、デザートも付いてますよ。
本当はあまり宣伝したくないお店です。
TEL 0262-47-5300
営業時間 11時30分〜14時
       18時〜22時(14時〜18時はドリンクタイム )
       無休