横向温泉 中の湯旅館

       17年月10下旬
立ち寄り300円 7:00〜20:00
福島旅の2日目。
水戸屋旅館を出た後、不動湯に寄って・・
思いの外、辺鄙な所にあって時間を要したが
それでもまだまだ宿のチェックイン時刻には間がある。
もう一ヶ所くらい立ち寄りで温泉に行ってみようか。

横向温泉なんて、聞いたことない。
福島に旅行すると決まってから、ネットで調べて初めて知った温泉。

今までの少ない経験から
平日のこの時間、まず間違いなく貸切りになるだろう
と、思わせるような人知れずヒッソリ存在する鄙びた温泉・・そんなイメージ。


実際訪れて
限りなく鄙びていたのは間違いなかったけど・・・・
紅葉がやっと始まったばかりの横向温泉に
その宿はひっそり建っていた
宿?見た感じ、どう贔屓目に見ても古〜〜い農家にしか見えない。
しかも古さをレトロと称して「売り」にしているようでもなく、
ただただ長い年月が経ってしまった・・という感じ。
玄関の上の二階の手摺りや屋根の部分、どう見ても歪んでる気が・・
嫌いじゃないけど、こういうの。
旅館敷地の入り口にこんな看板が。
「純自炊湯治療養の宿」  
なんだかこれだけ見ても
効き目のある温泉に来たぞ〜って感じでワクワク。

看板に料金が書いてあるんだけど、よくわからない。

一泊3000円はいいとして
その下の「入浴料150円」って?

日帰り一日料金1500円はいいとして
その下の「入浴料150円」って??

まあ、いずれにしても「一回入浴300円」は確かなことだから
それがわかれば「まっいいか」。
こんな鄙びた・・と一口に言うには
いい味出し過ぎてる宿のお風呂・・
ネットでは画像を見たけど
「ナマ」では一体どんな雰囲気なんだろう・・
楽しみ♪
玄関を入ると、ちょうど先客らしい3人が帰るところだったらしく
女将さんが対応していたので、しばし待つ。(平日にも客が来るんだ・・と、意外なダンさん)

この女将さん・・敢えて「おばあさん」と言わせて貰うけれど・・
なんだかとても個性的な雰囲気(外観)を持っている。
帰ってきてから他のサイトでこの方の写真を見たが
「この人じゃないよ」と思うくらい普通に写っていて勝手に残念がっている。
実物の彼女は本当に独特な不思議な魅力があった。
上手く言えないんだけど・・
ダンさんもカミさんも共通して連想したのは
「宮崎駿」の作品に出てくる「おばあさん」達。
丸顔タイプの方じゃなく、鈎鼻のほうのおばあさん。
カミさんはグリム童話に登場する「おばあさん」も連想してしまった

女将さんは化粧もしっかり口紅赤く、髪もキチンと結い
服装は・・服装は憶えていないけど、
無理に思い出そうとすると、
レトロなロングドレスを床に引きずって歩いていたっけ・・
いや、そんなわけないけど、そんな印象の「おばあさん」だった。


そうだ、見とれて(?)いないで早くお風呂に行こう。
料金を払ってさっそく風呂場へ。
綺麗とは言い難い廊下を通って脱衣場に向かう。
男女別にあるので一旦カミさんと別れたダンさん
男性の脱衣場へ。
思った通り脱衣籠はひとつも塞がっていない。
してやったり。
浴室への入り口の他にもうひとつガラス戸が・・
「婦人浴室通路」と書いてあって
ドアを開けると、女性用の脱衣場に出るようになっている。
不思議な作りだ。
何だろ。この作りの意味は・・
脱衣場にはこんな貼り紙がある。

「この温泉は全く手を加えていない湯治用の湯で
右手のぬるい湯が一番効果のある湯のため混浴です。
左手川側が一応、婦人用となっておりますので
何卒ご理解とご協力の程を。」


女性用の脱衣場にも同じような貼り紙。
一応、婦人用・・という表現がおかしい。
なるほど。
効能の高い温泉の浴槽がひとつだけなので
混浴になっているというわけか・・
如何にも湯治宿らしい。
誰もいなかったので
ダンさん、女性用の脱衣場も激写。
別に女性用だからってどうって事ない。少し狭いだけ。
このガラス戸の向こうに見えるのが
さっき「一応、婦人用」と書かれた浴槽。
ダンさん、デジカメ持って入ります。
一応、婦人用(しつこい!)浴槽
なんで「一応」と書かれていたかというと
この画像の右側を覗くとわかる。
右側は・・
こうなっている。
カミさんがいるのが混浴(男性用?)浴室。
直接行き来できるよう
女性用浴室との境の開口部が
やたら広くなっている。
気は心で衝立みたいなものはあるけれど
スケスケの柵状だし・・
お互いに湯舟に入っていれば
見えにくい位置関係にはあるけれど
「女性用」と堂々と言うには
如何なものか・・という形態。
で、「一応女性用」・・・これが正しいでしょう。
誰もいなかったのでカミさんは安心して
混浴の方の湯舟に入る。
長方形の湯舟を真ん中で二つに仕切った形。
上の画像でカミさんが入ってる湯舟は
熱くはないが結構暖かい。
女性用も同じくらいかな。
それに比べて
効能が高いと書かれてあった隣の浴槽は
かなりかなりヌルイ。
でも、折角効き目が高いと書かれた温泉だもの
入らなくちゃ意味ないね。と
暖かい湯舟からヌルイ湯船に移動する。
一度入ったら、なかなか出られなくなるヌルサ。
何時間入っていても逆上せない・・というより
身体が暖まるのかなあ・・と疑問に思うほど。

でも、温泉の効能を感じたくて、じっとここで浸かっていた・・・
ダンさんも誰も居ないのをいいことに
女性用風呂を撮ったりして好き勝手に遊んでいた。

すると、男性用脱衣場の方の廊下で足音が。
あれ?と思っていると
若い兄ちゃんと、続いてオジサンが入ってきた。
あ〜・・残念。
貸切り状態はここまで。
挨拶するのはいつもの通り。
でも、湯舟が二つあるので、もう一つの方の湯船に行くかと思いきや・・
当然のように、こちらの浴槽に。
「え?こっちに入るの?」と思ったけど顔に出さず。
これでダンカミ含めて同じ浴槽に4人。
そこへお爺さんがガラリと戸を開けて入ってきて、またまたコッチの浴槽に。
これで5人。

それから少し経つと女性用のお風呂の方から
最初に来たオジサンの奥さん(だと思う)が入ってきて
当然同じ浴槽に・・・これで6人!

もう狭い浴槽はイッパイイッパイ・・大袈裟に表現させて貰うと満員電車状態。
足を伸ばすと人に触れるから縮こまっていた。

でもそんな中、皆さん慣れているのだろうか・・
殆ど会話することもなく、ただただジ〜ッと入っている。
一番話しそうなお兄ちゃんに「ここに泊りですか?」と話しかけてみる。
「いや、別のホテルに泊ってます。
ここは隙間風が凄くて泊まれません。」と。
なるほど・・相当な年季の入った建物だものなあ・・

でも、そのあとの会話が続くわけでなし、すぐにシンと静まりかえる。
和気藹々とはほど遠いけど、かといってオカシナ雰囲気なんじゃなくて

純粋にこの小さな湯舟に掛け流される温泉の効能に身を任せてる感じ。
そこに他人に気を遣った会話は不必要なのかも。


ダンカミも郷にいれば郷に従えで、会話もせず、じっと丸まって入っていたが・・
やっぱりどうも・・落ち着かなくなってきた。
そろそろ出ようか・そう思って肩を半分くらい出したがまだ身体が暖まってないのか、寒い。
カミさんはそっと後のもう一つの湯舟に手を入れる。
すごく暖かく感じて気持ちいい。
こっちでしばらく暖まってから出れば大丈夫かな。

でもこれだけの人口密度の中、隣に移動するのは正直言ってちょっとばっかり躊躇。

しばらくモゾモゾと悩んでいたが、そのうち皆さんが目を閉じ瞑想に(?)入ったので
意を決して・・瞬間移動!(^_^;)
ボチャン!・・の音が浴室内に不謹慎にコダマする。

暖か〜い!今までとの温度差で最初に入ったときより数段の心地よさ。
身体が一度に生き返る〜〜・・
効能は隣の満員電車(?)よりも劣っても、貸切で暖かい湯舟にカミさんは軍配だな。
しばし暖まってホッとしたところで
ダンさんに眼で合図して「お先に〜」とそっと囁いて退散する。
「あ〜〜、ビックリした。あんなに混むなんて・・」

「しかもみんな真面目にじ〜っと入ってるんだもんなあ」

「オジサンの顔が真正面にあってなんか緊張したよ」

「俺だって足をちょと伸ばすと
オバサンの足に触っちゃいそうで緊張したよ」


鄙びた人知れぬ湯治場で
二人っきりでマッタリするはずが、全くの想定外。

でも今想像すると可笑しくて楽しかった(^_^;)
お湯の印象も窓からの景色の印象も
何もかもが、この「満員混浴」で頭からとんでしまったけれど
今、落着いて思うと、

あの建物の味と
「宮崎ワ〜ルド」の女将さんと
効能あらたかな温泉、
ダンカミ的には「二重丸」です。

ただし、誰にもお奨めかというと、
そういうワケにはいかないような・・

HPのトップへ
福島県耶麻郡猪苗代町横向温泉(「マウント磐梯」の奧)
0242−64−3341