幕川温泉  水戸屋旅館
                17年10月下旬
平日ひとり12600円(税込み)

南東北湯めぐり一泊目は「幕川温泉水戸屋旅館」
正直言って最近まで「泊りたい候補」に入ってなかった宿。
情報があまり入ってこなくて見逃していたといったほうがいいかな。

つい最近、ネット友が宿泊して、ある掲示板に画像を貼った。
その画像は・・真っ白な・・わざとらしいくらい真っ白な露天風呂だった。
水戸屋には、その露天風呂とは別に
円を二つ合わせたような形の露天風呂があってそちらの方が有名。
雑誌などにはその露天風呂が必ず撮され、ダンカミも見たことがあったが
別の露天岩風呂の存在は知らなかった。

その「わざとらしい白さ」に惹かれて
その後、ネット友が次々水戸屋へ。
福島旅行を企てていたダンカミも、当然のごとくその白濁湯に入ろう・・という事になった。
立ち寄りだけ・・とも思ったがやっぱり何度も入りたい、ここは宿泊で行こうじゃないの。

食事や建物などは山の中だから期待しない。
目指すはただただ「わざとらしいくらい真っ白な温泉」!

そして今、こうして
レポを書きながら思い出されるのは・・
白濁の温泉の大満足感にも増して
そこで出会った人達の素朴さ、暖かさ、おおらかさ。
チェックインの2時より少し前に到着。いつもの事だけど。
もう既に駐車場には何台か車が。
立ち寄り客を3時まで受け入れているというからその車かも。
玄関を入ると、タタキ部分に無数の靴が雑然。立ち寄り客の?
そしてスリッパがズラリと並んでいる。
すぐ横がロビーになっていて合皮のソファと自動販売機。
正面壁はダイブ昔に流行った(?)感じの絵画風の壁紙。
なんか思った通り非常に庶民的な宿に来たかしら。
期待を裏切らない雰囲気(?)にちょっとニヤつくカミさん。
誰かが迎えに出てくるでは無し。自分達で靴を脱いでスリッパを履く。
で、靴はどうすればいいのかな。
ここに置きっぱなしでいいの?
雑然と並んだ靴を前に考えていると
すぐ後から入ってきた年配の女性が
「お泊りですか?」と素朴な福島訛で話しかけてきて
すぐ横の大きな靴箱の扉を開けてくれた。
もしかしたら宿の人?それとも
出入りの業者さんのような気もするんだけど不明。
どちらにしてもここは
三つ指突いてイラッシャイマセという宿で無いことだけは確かなようだ。

でも、先にいうと、ここの人達、
本当に誰も気さくで例外なく感じよかった。
まあ、好き嫌いはあるかもしれないけど、
この宿の人達を思い出しても
また行ってもイイと思う。

福島の人って大黒屋さんといい、うちらと合ってるかも?

部屋係の仲居さんもユニークで明るくて好きだったなあ。
部屋は3畳ほどのエントランスに
セパレートタイプのバス・トイレ。
それに冷蔵庫が傍に置かれる。
いわゆるコンピューター制御の冷蔵庫だけど
少しくらいなら持込んだ物も入る。
朝、6時半に閉まっちゃうから、飲み物の出し忘れには気をつけないと。

部屋は8畳に応接セットを置く部分。そこに洗面台もある。
それに床の間。
角部屋なのですっきり広く感じる。
コタツがあったのにはビックリ。
まだ10月なのに〜・・と思ったけれど
結構この辺り寒いのよね。
なんせ冬期は営業を停止するくらいだから。
仲居さん、挨拶をしてお茶を煎れてくれながら
まあ、口がよく動く(笑)
何を話したかって・・まあいろいろだけど
決まった事だけを丁寧に言ってすぐに退室する人が多い時代
珍しい。でも話し方が楽しいんだ。

「二つの露天風呂は源泉が違うんです。
展望露天風呂は単純泉。
外のは真っ白な硫黄泉。
硫黄泉のほうはお肌が弱い方は顔だけは洗わないでください。
その代わり、入ったらそりゃもう、お肌がツルッツル!」
と、福島訛で。

カミさん、仲居さんを指さして
「ホントだ、ツルッツル」
仲居さん、しなを作って、流し目で
「んふ♪実は毎日、あの温泉に浸かってますから・・あはは」

この道(?)ン十年のベテラン仲居さんです。
他の話題もコチラが言う事に
ポンと弾みをつけて返してくれる反応の良さ。

ダンカミ、多いに気に入っちゃいました。

本当にいろんな話をおもしろ可笑しくしてくれて、やっと退散。
部屋が急に静まりかえった(笑)
炬燵はまだ早いと思いながら
あるとスイッチ入れちゃうんですよねえ・・
暖かくてくつろげていいねえ。
なんか旅館に来たと言うより
実家でくつろいでいる気分になる。
コタツ敷きとコタツカバーのこの柄の組み合わせは
私なら選ばないけど・・とカミさんは思う。
だけど、このアンバランスなセンスも
奇妙に居心地の良さに貢献している。
コタツでうたた寝しないうちに早速お風呂。

先ずは明るいウチに駐車場の裏にあるという
真っ白な露天風呂に入ってみたい。
そう!噂の「わざとらしいくらいの白さ」の温泉!
裏の駐車場の向こうに小屋らしいものが見える。
期待に胸を膨らませて歩いていくと
浴衣姿の数人のおばちゃん達が帰って来るところだった。
そう言えば老人会だかなんだかの
団体さんが泊っていると言っていたっけ。

「大丈夫ですよ、もう二泊目でサンザン入っちゃってますから
そうそう入ってきませんよ!」なあんて仲居さんは言ってたけど
それが大間違いだって事は後で判明するのです(笑)
硫黄の匂いがしてきた・・嬉し!
途中でダンさんがカメラのカードを忘れたといって部屋に引き返し
カミさんだけが先に行った。
誰もいないと思ったら、女の人が一人のんびり入っている。
「いいですか?」と声を掛けると「どうぞ〜」
「後から主人が来ますけどいいですか」
「もう出るところですから〜」

その後、館内でも食事処でもその人と会う事はなかった。
後から思えば宿泊客ではなく立ちより客だったかも。
これが脱衣場。男女一緒。
目の前が湯舟で横に扉もないうえ狭いので
他のお客さんと重なったら
譲り合わないと厳しいでしょうね。
思わずふ〜っとタメイキをついて身を沈めた温泉。
本当に真っ白で濃いカ○ピスみたい。

温泉の色は無色透明から
重油のような真っ黒なものまで実に様々。
どれも魅力があるけれど
ひとつだけ好きな温泉の色を掲げよと言われたら
やっぱりこの「濃い白濁」を選んでしまう。


この宿の温泉には何度も入ったけれど
二人で貸切り状態で入れたのはこの時限り。
後は、ここも展望露天風呂も、必ず誰かがいて
文字通り、常に「混浴」であった。

濁り具合、よくわかりますね。
ダンさんがHP用だと、カミさんにわざと片足の踵だけ
お湯の外に出させる。

本当に絵に描いた様な「乳白色」
夜中に露天風呂に入ったとき、
ご夫婦で兵庫から来ているという男性と一緒になった。
聞けば「秘湯を守る会の宿」中心に、かなりの温泉にいかれている。
しばし、お奨めの宿など興味有る話が聞けた。

硫黄の香りとわずかな灯りの中で温泉談義・・
宿泊しなければ得られない体験。
進んでツーショットを撮ってくれたが
諸事情でここへ載せるのはボツにした(笑)

見上げれば満点の星・・の、はずが
雨雲のため叶わなかった・・残念。
お次のお風呂は・・
樹齢800年の檜をくり抜いたものを湯舟に使っているという「展望露天風呂」
水戸屋さんと言えばこの露天風呂が有名らしい。
仲居さんも「混浴だけれど、一見の価値も一浴の価値もありますよ〜!
是非入ってください!」って誇らしげに言っていたっけ。

女性時間帯が5時から8時までと他と比べたら比較的長く設定してあるので
混浴の苦手な女性にはありがたいかも。

脱衣場は男女別。
3畳ほどのスペースに棚と籠だけある簡易なもの。
最初にこの露天風呂に入る時、ちょっとしたハプニングが。

たくさんの入浴客が出入りしていたので
ダンさんがいつものように素早く脱いで、
一足早く露天風呂に行きカミさんを迎えようとしていた。
が、フト気が付くとカメラと一緒に袋に入れて湯舟に持ってきたはずの部屋の鍵がない。
脱衣籠に置いてきたかなと、戻ってみたが、ない。
周囲にも落ちていない。シバシうろうろ。

その頃カミさんはとっくにダンさんが先に待ってくれていると思い
露天風呂への木戸を開ける。
飛び込んできたのは目の前の丸い大きな湯舟と
その周囲にズラッと並んで入浴している男性陣。
ダンさんは?いない?
突っ立っている私に気が付いて何人かの方が「どうぞ〜!」と声を掛けてくれたが
ハンドタオルだけでダンさんが居ない所を入っていく勇気がなく、また脱衣場へ逆戻り。
そこで初めて薄い壁越しにダンさんと話して、鍵の件を知る。

「ちょっと待ってて。部屋まで戻りながら探してみるから」
カミさんは仕方なくそのまま狭くて暗い脱衣場に待機。
途中何人かの女性客が脱衣場を覗き、裸で立っている私にビックリ。
「どうしたの?」と聞いてくれるので事情を話すと、みんな一様に心配してくれる。

それはダンさんの方でも同じだった。
脱衣場や露天風呂で心配してくれる。


結局、鍵は無事、拾ってくれた方の手からフロント、仲居さん経由でダンさんの元に届いた。
改めて露天風呂に行くと鍵の件を知っていた人達がまた声を掛けてくれた。

ダンさんが遠慮しながら「写真撮ってイイですか」と言うと
「いいよ〜、何枚でも撮って」とコッチを向いてカメラ目線でニコッ
あ・・撮りたいのカミさんなんですけど〜〜(^_^;)
さて、とんだハプニングで前置きが長くなったが、
展望露天風呂。
いつも大勢の客で賑わっていたので、なかなか画像が撮れなかったが
比較的人が少ない時を狙って。
この時は一緒に入っていた人達が気さくで、
二人の写真もすすんで撮ってくれたので、撮影がしやすかった。
東京方面から来ているという会社の同僚何人かの熟年グループのようだった。
ゆっくり撮れたのは、この時だけ。あとは深夜に少し。
特に夕方や朝方は団体さんと重なって
写真どころではなかった。

温泉宿の団体さん・・というと
社員旅行などのオヤジさん達を連想してしまいがちだけれど
今回一緒になったのは
仲居さんが「老人会」と称していた団体。

お風呂でのお喋りを聞くところに依ると
老人会ではなく
農作業が一段落した地元の人達の慰安旅行らしい。
3泊の連泊だそうな。
その間、温泉に入ってお喋りして宴会してカラオケして・・
いわば収穫後の「ご苦労さん会」なのだろう。
お風呂で何度もその会の人達と一緒になったが
その会の「女性陣」達の勢いのいいこと。
堂々と入場(?)して堂々と入湯。
大きな声で話し始め
熱くなると浴槽のフチに鷹揚に腰かけ、
涼みながらも仲間とのお喋りは尽きない。

いつも混浴は男性が殆どなので
カミさんは助かった気分だが
ダンさんはオバサンパワーに圧倒されていた。

この時期はこういう団体が居ることを忘れていた・・
今度から気をつけないと・・こっそり思う。
でもそう思う反面
普段苦手なオバサン達の遠慮のない会話が
ちっともイヤではなく、
むしろ心地よく楽しかったのは
素朴な福島弁の魅力がなせる技か。


聞き役になっているオジサン達が
時々挟む相づちも
「んだな」と鼻に掛かった東北弁。楽しい。

大勢で入りながら
少しも不愉快な思いをすることなく、
むしろ素朴な福島弁を聞きながら、
安心しきった気分で入っていられたのは
今宵、御縁で一緒になったこの宿泊客達に
恵まれていたからだと思う。感謝。
男性用内湯と露天風呂。女性用もあり。
ここも「いつも賑やかに福島弁が飛び交っていた。

展望露天風呂から見た紅葉。
今年は例年より遅れたとかでちょうど見頃となった。

夕方、部屋の窓から見た夕焼け。
夕食は部屋食。
6時頃から時間を選べるので6時にお願いした。
仲居さんが
「多少時間が前後するかも知れないけど、お許しをね〜」と。
その言葉の通り、6時までにお風呂から上がって、
コタツの上を片づけ待っていたが
来たのは6時30分近くだった。
慰安会の客などが居てなかなか忙しそうだ。

仲居さん「大変遅くなっちゃってすいません!」とイイながら入ってくるなり
きれいなコタツの両端にキチンと座っている私たちを見て
「あら〜〜!準備して待っていてくれたの?嬉しいわ〜
なかなかそういうお客さん、居ないんですよ〜」
と明るい声で。

夕食を並べながら
ひとしきりジョークも交えたお喋りを披露してくれて
次の部屋に移っていった。

「遅くなりまして〜」っと廊下から声がする。また同じようにお客を笑わせているのかな。
ではでは、先ずはビールで乾杯。
凝ったものや珍しいものがあったわけではないが
素朴で地のものを生かした私たちには好ましいメニューだった。

並んだものを見るとシンプルで、サッパリしすぎかな・・とも思ったが
一品一品味わって食べ、お酒もすすむ中
いつの間にかじゅうぶん満腹感・満足感を感じていた。
天麩羅が熱々では無かったのが残念と言えば残念だけれど
人の気持ちって不思議なもので、
仲居さんの対応や、温泉での充実感
それに夕食時間の楽しさが、チョットしたことを気にならなくさせていた。
鴨鍋
岩魚の塩焼き
茶碗蒸し
手作りコンニャク
デザート
鯉の洗い
シメジのずんだ(枝豆の餡)和え
山菜と穴子の天麩羅
フキの含め煮
なんの山菜か不明だけどおひたし
お味噌汁・・
それにもちろん御飯はあったけれど
撮り忘れ。


ゆっくり食事をしてから電話をして膳を片づけてもらう。
仲居さんが「今なら外の露天風呂、人が居ないかもしてませんよ」と
教えてくれたのでさっそく行くことにした。
貸切りとは行かなかったが
親娘連れしか居なくてゆっくり入ることができた。
帰ってくるとコタツが隅に置かれて
布団が敷いてあったのでしばしゴロン。
朝食は7時半に一階の広間で。
部屋番号と名前の書いた札のあるテーブルに座る。
朝食はシンプルだけれど素朴な手作りの感があって
それは夕食と共通している。
なんだか目の前に並んだものを見ていたら
朝なのにビールが飲みたくなって、ダンさんは急いで自販機に急ぐ。

御飯とお味噌汁は部屋の隅のテーブルに大鍋と
これまた大きなお釜があって、熱々を仲居さん達がよそって持ってきてくれる。
お代わりも自由で手をあげて持ってきてもらうのヨシ。
自分でそこまで足を運んでお願いするもヨシ。
仲居さんが気が付いてくれるのを待つもヨシ。


テーブルは長いのが並んでいて隣の人との独立感はない。
でもこれっぽっちも窮屈感や違和感がないのはなぜだろう。
多分、これも仲居さん達の雰囲気のお陰。
うちの部屋係の仲居さん中心に(と、勝手に思っている)
お客さんに気さくに話しかけたり大きな声で笑ったりしながら
気配り良く働いている。
「あれまあ、朝からビールで乾杯?んまあ、見せつけちゃって〜!」
そして他の仲居さんに
「この二人、仲いいんだよ〜!昨日から見せつけてくれちゃって」と、まあこんな具合。

そういうのが好きか嫌いかは別として
本当にコッチも思わず笑っちゃうほど、会話が楽しい。

広間で静かに、話すときは小声で・・
そんな風に朝食を食べるのも勿論ありだけど
こんな風に賑やかで楽しいのも好き。
朝から気分良く元気に「ごちそうさま!」が言えた。
チェックアウトの時間になると
外は霧が立ちこめる幻想的な天気に。
でもこれから運転して山道を行かなければならない身としては
この霧が早く晴れるのを願うのみ。
もう既に広間の片づけやら先にチェックアウトをした部屋の掃除やら
館内は慌ただしい雰囲気だったが、
そんな中でも廊下や広間で忙しく働く仲居さんや従業員さんが挨拶する。
これだけで随分宿の印象が変わってくるんだよ。


水戸屋旅館
この宿、好きです。
B級旅館・・といったらきっと失礼になる?
なんの根拠もなく意味もなくイメージで「B級」という言葉を使うけれど

「私たちってやっぱりB級旅館、好きよねえ。」
「だよね。こういうB級旅館こそ本物のB級旅館なんじゃない?」

なんのこっちゃ?の会話だけれど
二人が満足して素敵な想い出をたくさん作ったことだけは確かなようで・・


HPのトップへ
〒 960-2157 福島県福島市土湯温泉町幕川1
 TEL0242-64-3316
 FAX0242-64-3149