馬曲温泉 望郷の湯
 3月初旬 
入浴のみ500円
6:00〜22:00
絶景の露天風呂として有名な所。
近年、特に人気が出てきて、下手な時間帯に行くと
駐車場が満杯という事も。
でも、多少混んでいても行く価値あり。
特に、山を眺めるのが好きな人はたまらないだろう。

今回、ダンさんとカミさんは3度目の訪問。
カメラを持ち込んだのは、今回が初めて。

ここは、朝6時から入れると聞いていたので
ぜひとも朝日を拝もうという話をしていた。
しかし、当日は、あいにく曇り。これでは却って
昼間のほうがいいと急遽、変更。
近いと、こういう芸当が出来るのがいいなあ。

ゆっくり家を出て10時過ぎに到着。
平日だから、とタカをくくっていたら、駐車場は一杯。
なんとか割り込んで停める。
前に平日に来たときはガラガラだったのに・・
恐るべし、温泉ブーム

これではカメラは無理かもしれんと思いながら、お金を払い
(300円だったのが、500円に。恐るべし、温泉ブーム。)
それぞれ、右と左に分かれた小道を、脱衣場へと向かう。
混浴ではないから、別々だけれど、みる絶景は一緒。

露天風呂は、車の台数の割りには空いていた。
ここは、休憩場もかなり充実している上、
その休憩場の奥にある内湯も展望もよく感じがいいので
こちらに人が流れているのかもしれない。

ダンさんのほうは、最初、東京から来た
スキー帰りの学生が数人いたがすぐに出て行き
年配の人と二人だけとなる。
こうなると、ほぼ貸しきり状態なので
カメラのシャッターも心置きなく押せる。
う〜ん、イイ。晴れてたらなあ、惜しいなあ、でもいいなあ・・
いろいろ温泉めぐりをしているという年配の人も
ここの絶景は格別だと賞賛する。
ダンさんも時々、シャッターを押すのも忘れて
目の前の景色に見とれてしまう。

その頃、カミさんは、
卒業旅行だと言う20歳のギャルと温泉談義。
山梨から来たとか。
地獄谷の後楽館に宿泊していると聞いて
カミさん、黙っていられない。興味のある所だもの。
入浴難易度や、宿の雰囲気など、しっかり情報を仕入れ
密かに、今度行くゾっと心に決めたのであります。
ギャルから、山梨の“ほったらかし温泉”も薦められて
しっかりインプット。
それにしても、卒業旅行に後楽館を選ぶとは・・
恐るべし、温泉ブーム

ダンさんがいつもよりゆっくり入って、休憩所にもどると
カミさんは一足先に出て待っていた。
普段、カミさんと別々に入った時のダンさんはカラスの行水。
いつもカミさんを長く待つ羽目になるから
今日は、カミさんと合わせたつもりなんだけど。

カミさんはカミさんで、いつもダンさんを待たせるから
早めにあがったわけで・・
一緒に入らないと、こういう所が不便だな、と思う。

休憩所で、それぞれのお風呂の様子の報告会。
やっぱり、こういう絶景風呂には一緒に入りたいね
自然にそういう話になる。

今度は、天気のいい日の6時に一番湯して
二人で朝日をみようか。
想像するだけでも、ドキドキするね。

男性脱衣所

岩の向こうの屋根は女性用脱衣場

男性用露天は女性用の半分しかない
遠くに見える山は、木島平の高社山
遮るものは何もない   柵の無い崖っぷち露天風呂
トップへ 長野県下高井郡木島平村往郷5567−1
0269−82−4028