乳頭温泉 黒湯温泉
19年6月下旬
立ち寄り
7:00〜18:00 500円 冬季休業
乳頭温泉湯めぐり帖

乳頭温泉に宿泊すると一冊1500円(宿泊した日現在)で購入可能。
乳頭温泉組合加盟の7軒の宿
(鶴の湯、妙乃湯、蟹場、黒湯、孫六、大釜、国民休暇村)
の温泉に入れことができる。一年間有効。
ネットがキッカケで友人になったTさん
私達に負けないくらい温泉好きで、しかも好みが似てる。
その彼女が「黒湯は良いよ」と言った。
そうか、それなら何が何でも黒湯だけは外せない。
黒湯かぁ・・妙乃湯は茶色、蟹場は透明。
黒湯は・・・やっぱり黒っぽいのか?
黒湯の駐車場らしきところに車を停めたのはいいけれど
周囲に何もそれらしき建物が無い。
ここでいいのか・・不安になっていると
細い坂道から男性が一人上ってくる。
手にはタオルを持って。
この道らしい。一本道を降りていく。
この行程がなんだか期待を増幅して好き。
途中でこんな標識が。左に行けば「孫六温泉」
右に行けば「黒湯温泉」

孫六温泉も湯めぐり帖に入ってる温泉で
少しだけ迷ったけれど
今日はまずは「黒湯」ね。
またテクテクと緩やかな坂道を下っていくと
こんな光景に出会った。
かやぶき屋根の葺き替えだ。
かなり大きな屋根。
これが宿の湯屋部分の屋根だというのは
後から知った。

すぐ目の前に古い建物が見えてきた。
黒湯だ。
黒湯はお世辞にも立派と言えない
簡素な建物。
それは言い換えれば、いかにも「湯治宿」の趣。

ここまで質素だと却って威風堂々。

うちは「湯」で勝負だ・・と言わんばかり。
その誇りが本物なのは
宿の建物の別棟になっている湯小屋に行ってわかった。
年季の入った脱衣場兼内湯小屋。そこに並々と溢れている濁り湯。
硫黄臭は勿論満ちて。

ダンさんはすぐに内湯の脇の脱衣場で。
カミさんは別に仕切られた女性用脱衣場で。

後はもう、2人のほかには誰も居ない湯船に
ただ身を沈める。んん〜〜・・・
内湯から一歩出ると露天風呂がある。
この露天風呂も実に開放的で気持ち良い。
木の手触りも湯の色合いも流れる音も、風も、光も。

屋根がついているけれど、それも素朴な造りで秘湯の雰囲気を盛り上げる。

心の中に、この掛け流しの湯のように満足感が溢れ、
ただただユッタリと、時を過ごした。
見上げると、
さっきの屋根葺きの職人さんたちが。
これもまたご愛嬌。
だいぶ、時間が経ってからか。
若い人がやって来た。
見れば、さっき蟹場の露天風呂で一緒になった若者だ。

聞けば孫六温泉に入ってきたけれど
黒湯のほうが良さそうだからとこちらに足を伸ばしたそうな。

鶴の湯に宿泊すると言うと、羨ましがられた。
なかなか予約の取れない人気宿だからね。

そう、これから向かう鶴の湯も非常に楽しみ。
でも今は、この黒湯だけに心を寄せて楽しみたい。

乳頭温泉に来た甲斐が・・・あった。

おまけ
トップへ 黒湯
仙北市田沢湖生保内黒湯沢2-1
TEL(0187)46-2214