切明温泉 切明リバーサイドホテル
                17年10月下旬
立ち寄り500円
時間 要確認
秋山郷の温泉には何度か行ったことがあるけれど
いつ訪れても自然の景色の良さと
掛け流しの温泉に大満足できる。
我家からそう遠くないのに、ここは立派な「秘湯」。

今回は今まで立ち寄った事のない
「切明リバーサイドホテル」という旅館に行ってみた。

秋山郷の宿にしては何やらハイカラな名前だし、建物も山小屋風だし
ちょっと秋山郷のイメージではないけれど
混浴の露天風呂があると聞けば、これはもうジッとしてはいられない。
その日、リバーサイドに隣接する雄川閣では
何か催し物があったのか、駐車場が満車で人が溢れていた。
それに比べてリバーサイドホテルの駐車場は
数台しか止まっていなかったので、とりあえずホッとして玄関に。
外から見た館内は薄暗くて、営業しているのか不安だったけれど
少し前に玄関に入った夫婦連れが出てこないので、
やっているんだろうなと判断。

玄関のドアを開けると男の人(支配人か?)が出てきた。
料金を払って教えられた露天風呂のある方角へ。
「大浴場」「露天風呂」と書かれた貼り紙の矢印通り行くと
男女別の浴室らしいドア(入らなかったので未確認)
と、そのすぐ傍に外に出るドアが。
そこを開けるとホテルの裏側の空き地が。
ゴムサンダルが並んでいるので、それに履き替える。
数メートル先にこんな塀がある。
もしかしたらここじゃないの?露天風呂。
ちょっと様子を見てこよう・・と歩き出すカミさん。
既に髪を纏める準備をしているのか。
塀の向こうは?
チョク、露天風呂だった。
男性が一人入っている。
「こんにちは〜」
さっき、ホテルに入って行った夫婦の御主人のほうだった。
奥さんは内湯かな。


で、脱衣場は?
露天風呂の脇に一つだけ。
新しくて綺麗だけど、ドアもないし二人で着替えるには窮屈。
で、カミさんが中で着替えてダンさんは外で着替える事になる。
湯船と脱衣場の距離が数歩。その上、先客が一人だけだったから
ハンドタオルだけの移動でも大丈夫。

源泉掛け流しの露天風呂は、コノ時期には加温する事もあるそうだけれど
この日も適温になっていて、ゆったり浸かっていると肌がツルツルに。
それほど広い湯舟ではないけれど、
中央に岩が並んでいてエリアをわけているので
他の入浴客との棲み分けも可能。

ただし、この切明リバーサイドホテル、
普段から人気があるのか、この日が特別だったのか
最初は一人の先客だけだったのに
次から次へと・・しかも全部カップル。
20代〜70代くらいまでかな。
ビックリするくらい入ってきた。
殆どの皆さんは内湯で着替えて
バスタオルを巻いて砂利道を急いで来る。
(そういう手は思いつかなかったなあ)

で、そのままタオル巻で入っている。
(後で内湯に戻る時に何処でバスタオルを絞るのかな)

それはいいとして、驚いたのは
中年カップルの男性の方・・・なんと水着!
(お〜〜い、ちょっとちょっと)

ここは入浴の時の決まりはないようですね。
みんなカップルだからか?
他の人と話す様子もなく、それぞれが二人の世界に。

ダンカミも最初のウチは
始めに入っていた男性と言葉を交わしていたけれど
その人が出てからは
岩の影で静かに目の前の景色と湯を楽しんだ。
この辺りの紅葉はそれはそれは見事だが
今年はまだ少し早いようだ。
来る途中、ところどころ見事な紅葉もあったけれど
この辺りはやっと色づき始めたくらい。
最盛期の紅葉を想像して景色を眺める。
あまり何組も入っていると、出るキッカケが難しく
だいぶ長湯していたが、
いつまでも入っているワケも行かず、
タイミングを見計らって脱衣場へ。
最初のウチだけ
ダンさんが脱衣場の前でカミさんをガードして
後は難なく完了。

駐車場に戻るとさっきと違い、結構な車の台数。
正直言って
あんなに混んでるとはちょっと意外だったけれど
いい露天風呂でした。
やっぱり秋山郷の温泉はいい!満足♪

今度はもう少し空いてる時に再訪したい。
帰りに見た紅葉。
路肩の白いのはなんと雪。
まだ10月ですよ。
昨日降ったらしい。一日ずれていて良かった〜
秋山郷は豪雪地帯。
まもなくこの地域一帯も雪で埋まるのでしょう。
真冬には私たちは多分来られません。
来春まで、ごきげんよう。

おまけ
HPのトップへ 切明リバーサイドホテル