土肥温泉 お宿かねう

            26年10月中旬


生涯そうあってはならない大チョンボをしてしまった翌日

(二度とあってはならない・・と書きたいところだけど、自信が今ひとつ(^_^;))

二人は、今日のお宿に再び向かったのです。

大チョンボ??
初めてこのページをご覧のかたは

是非とも、

ブログのこの記事をササ〜〜っとお読みください。

でないと、これから書く宿泊記の、ここかしこの意味が不明になるかも?



土肥温泉の「お宿かねう」





昨日(^_^;)と同じ駐車場に停めて宿に行くと前の道に男の方が・・

「かねうさんですか?」とお聞きしたら、やっぱり!

御主人でした。

女将さんも出てきてくださって・・

「昨日はお騒がせしました〜〜〜!」深々<m(__)m>

やっぱり第一声は「お世話になります」じゃなく、こっちでしょう、この場合(笑)


玄関に入ったら、今度はDさんと太夫さんが出迎えてくれました。

「昨日はお騒がせしました〜〜〜!」深々<m(__)m>
  ↑     ↑     ↑    ↑
(気持ちを込めてる証明として、↑と同じフレーズだけど、コピペしてない)

やっぱり第一声は「お久しぶり〜〜♪」じゃなくて、こっちでしょう、この場合(再笑)

そうそう
チョンボ話をしてばっかりいないで
宿の紹介をしなくては。


恒例となったDさん達とのお泊りオフは
今回で4回目。

渋Gさんと安寿さんは残念ながら都合がつかず(来年こそ♪)
昨年と同様、Dさん、太夫さんと私達、4人でのオフ会でした。

いつものように、Dさんが
宿探しから予約まで、何から何までしてくだってm(__)m


彼の宿選びのセンスや、私達仲間への細やかな気配り・優しさは
私たちには絶対に真似できません


今日の宿は、たった二部屋しかない民宿です。

ということは?


そうです

貸切での宿泊になりました♪


   客室は二階。

小さな民宿なので

玄関ロビーとか螺旋階段とか吹き抜けとか

そんなものは無くて、

掃除の行き届いた普通の階段をあがって行くと

小さな廊下空間だけど

こんな風に飾りが。生花が。


普通幅の普通の廊下だけに

コーナーが却って目だって「あら♪」と思わせる。。
部屋の名前が書かれた表札と部屋入り口のディスプレー

部屋は広々10畳

「小綺麗(こぎれい)」という言葉が良く似合う室内。


先にチェックインしていたDさん太夫さんは隣の部屋ですが

今は4人揃ってこの部屋に集合して

「やぁやぁ、しばらく〜〜♪」っと改めて御挨拶

昨日の事件(笑)の検証から始まったのは言うまでもありません。


途中で女将さんも来て下さって

証人として、加わってくれました^m^


女将さん

この民宿「かねう」を50年もやっているそうです

気さくですが物腰が柔らかくて、品の良さと知性を感じてしまいます・・

実は御主人にも同じことを感じ・・

一泊二日の滞在の中で、お二人と接する度に

その魅力が、この宿の居心地を左右した・・

という事を、忘れないうちに始めに書いてしまいます。
(本当は締めくくりに書こうと思ったんだけど・・)
 

客室の床の間には


書と生花


私はどちらも、深い知識も見識もないのですが


柔らかで楚々とした

センスを感じます

書は御主人作・・なんと70歳を過ぎてから

始められたそう・・


生け花は勿論、女将さん作。






この宿は、ここかしこで

きっと御自分で摘んだ草花が

さりげなく飾られて

名脇役を演じていました。

   小さな冷蔵庫の中には冷たい水と

冷えたグラスがふたつ。

飲み物は入っていないので自由に使えます。
   部屋に鏡台はありますが、

洗面トイレはありません。


洗面トイレは二階の奥に。

トイレは、

この洗面台の反対側にウォシュレットがひとつ


あとは、一階の浴室近くに和式トイレがひとつ。

二部屋しかないので不自由はありませんが、
この宿は、できたら貸切で使うのが
もっとも過ごしやすい利用法だと思います
 4人でしばらくの間

乾杯しながら、お互いの近況報告・・・じゃなくて

今回ばかりは昨日の私たちの武勇伝(??)の話題がメイン(^_^;)



事件勃発後

Dさん太夫さんと何度も何度も、

やりとりしたメールの事を思い出しながら

いろいろ心配してアドバイスしてくれるDさんに

「言葉にならない」くらい心配させてしまったのだと、大いに反省したり(^_^;)
(さりげなく楽屋落ち)



Dさん太夫さんは、チェックインした際、館内を見せていただいたそうで

「なかなか良いですよ。母屋のほうも見せてもらったらいいですよ」と。

ではでは、早速探検に行きますか。

                                 館内編に続く
 

HPのトップへ

かねう

〒410-3302
静岡県伊豆市土肥719
TEL :0558-98-00920558-98-0092