和山温泉 仁成館
15年11月初旬再訪

入浴のみ700円(貸しバスタオル付)
立ち寄り入浴時間:要確認
秋山郷にあるこの宿の露天風呂は昨年の春にも訪れた事がある。
その時に見た周囲の山々・・
秋もどんなに素敵だろうと、ずっと思っていた。

今回は紅葉の最盛期には少しだけ遅れたが、
それでも春とはまた違う素晴しい景色の中での温泉となった。
仁成館の事は、昨年の入湯記に既に紹介済みなので
今回は追加画像の意味でUPです。
情報によれば、秋山郷の紅葉はもうお終い・
という事だったけれど・・そんな事はなかった!
まだまだ仁成館の周りはご覧の通り・・
これは露天風呂も楽しみ楽しみ。
二人が着いたのは午後も遅く、
そろそろ宿泊者のチェックインも始まる時間だったが
立ち寄りだけの私達を前回と同じように快く迎えてくれた。
花柄のバスタオルをバスケットに入れて貸してくれたのも前回と同じ。

脱衣場などの画像は前回来たときの物を見て貰うことにして・・
ここでは二人がマッタリ温泉に入った気分を
画像だけでわかって貰えたら・・。

正面に見えるは鳥甲山。下に流れるのは中津川

気持ちいい〜・・もうなんにも言うことない
そろそろ日も陰って来たし帰ろうか・・
ダンさんに促されてもカミさんはなかなか
この気持ちよさから抜け出せない。
こんな気持ちの良い温泉・・久しぶり。
暗くなるまでずっとずっと入っていたい・・。
ほら〜・・本当に暗くなっちゃうよ。
帰りの道も狭い山道。日が沈む前に急いで帰ろう。
外は少し冷たくなった風があるけれど、身体はポカポカ、気持ちもポカポカ。
何度も何度も「来て良かったね」と、車の中で言う二人。
オマケ

バンちゃん。思わず「ひさしぶり〜」

バンちゃんのイイナズケ、アサちゃん。
春に訪れた時に「バンちゃん」という甲斐犬に会って、
その子が今度お嫁さんを貰うっていう話も書いた。
今回再訪したら・・いたいた!バンちゃんの他にもう一匹。
気さくな宿の女将さんに犬の名前を尋ねたら・・こんなに沢山話してくれた。

女将 「アーサっていうのよ。アーサ。
    でね、縮めるとアサ。わかる?バンちゃんとアサちゃん」

カミ  「あ〜!朝(アサ)と晩(バン)??」
女将 「そう!まだイイナヅケでお嫁ちゃんじゃないんだけどね。
     お嫁ちゃんになって子供が生まれたらね・・」

カミ  「生まれたら?」
女将 「名前はね、チュチュにするの、あはは」
カミ  「チュチュ?ああ「昼昼」ね」
女将 「そう、この辺りじゃね、ヒルメシの事を「チュウハン」っていうのよ。
     だからね、子供も「チュウ」にしようかって。」

カミ  「アサ、チュウ、バン・・ね。あはは!」

楽しい女将さん、ありがとう。
私達が帰る頃、宿の人達は食堂で宿泊客の夕飯の準備をしていたけれど、
きっと家庭的な素朴な料理なんだろうな・・と思った。
今度来られるのはいつかな・・また是非訪れたいと思った。
今度はチュチュにも会いに来なくちゃ!
14年5月の入湯記「和山温泉 仁成館」
トップへ 長野県下水内郡栄村和山
0257−67−2205