イタリア食堂

ヒロッシーニ
こう見えても結構「へそ曲がり」夫婦で
本流に乗るのを良しとしないところがある。

大好きな作家が大きな賞を取って、有名になると、途端に読まなくなっちゃったりね。
みんなが大絶賛する宿は、敢えて敬遠したりね。

テレビ番組で紹介された宿やグルメの店なんて、紹介されてすぐなんて絶対に行かない。
混んでるだろうし、第一テレビを見てすぐになんて、ミーハーっぽくて。
なのになのに、行ってしまったこのお店。
しかもテレビで紹介されて数日後(~_~;)

なんで?って
まずは他に予定が無かったのね。言い換えれば暇だった?
それから店の名前が気になったのね。
ヒロッシーニって・・あなた・・まさか経営者は「ひろし」さん?
そのまさかですと。
それから「日替わりランチは限定5食」
これに強く惹かれちゃったのよねえ。

限定・・って言葉に弱いの〜ぅ・・
あれ?これってもしかしてミ〜ハ〜?


新幹線の佐久平駅のすぐ傍
スーパージャスコの隣にこの店がある。
周囲は全国チェーンのお店がずらっと軒を並べる激戦地。
ここに今年2月に乗り込んだ店が「イタリア食堂ヒロッシーニ」

ローカルの番組で紹介されたとき
カミさんはさっそくメモして、仕事から帰ったダンさんに教えた。

「あ、ここならすぐに分かりそうだよ」
ダンさんの一言で、日曜日のランチはココに決定!

「ヒロッシーニ」はジャスコの向かい側の
瀟洒なビルの二階にあった。
右側のイタリアの国旗がある壁。
それが本日の「ごちそう様」の舞台。
11時半。オープンの時刻。
ビル中央の階段を登って店に向かう。
ちょうどご主人が踊り場にでていらして
「いらっしゃい。お二人ですか?」と
中に案内してくれる。

あっと・・(~_~;)
店の構えを撮ろうと思っていたんだけど
後にしようね。

で、後から撮らせていただいた
レストラン入り口です。
店内はさほど広くはないけれど
カジュアルでアットホームな雰囲気がいい。

テーブルの配置などが、ゆったりしていて
どのテーブルに案内されても
落ち着いた雰囲気で
食事ができるように工夫されている。

洒落たカウンターもあって、
そこを好む客も居るんじゃないかな。

二人は窓辺の席に案内された。

「今日のお奨めの特別ランチは
メバルを丸ごと一匹ソテーしてあります」

メバル?
ダンさんは「肉料理じゃないのかぁ」と思ったけれど
次の瞬間「限定3食」の文字に釘付け!

限定3食!
カミさんもテレビでは「限定5食」と聞いていたが
きょうのメニューは3食と聞いて、またまたビックリ!

これは絶対頼まなくちゃと、ダンさんはこの「特別ランチ」

カミさんは評判がすこぶるいいという「レディスランチ」
デザートは頼まないダンさんが
代わりに注文したのはビール。

カミさん、ごめんね。いただきま〜す。
焼きたてのパンが届く。
このパン、お変わり自由なんですって。
カミさんのレディスランチに付いていた
「野菜タップリのミネストローネ」

一口食べて、濃厚な味にビックリ♪
二人にランチに付いている「サラダ」
ドレッシングがサッパリ目で
いくらでも食べられそう。
サラダの内容も日や季節に依って違うらしい。
レディスランチのパスタは「本日のパスタ」から一種類を選べる。
カミさんは「モンテマーレ」(海の幸ときのこ)を選んだ。
取り分け用の小皿を持ってきてもらったので、ダンさんにちょっぴりお裾分け。
イタリアンによくある濃い目の味でなく、アッサリと食材の味を生かした作り。
ダンさんのメインディッシュ
「近海メバル丸ごと一匹ソテー、あさりとフレッシュトマトソース」

メバルが見えにくいくらいに具がたくさん。
トマトの酸味とあさりスープのコクが淡白な白身魚とマッチして美味しかった。
魚の食べ方が上手でないダンさんも綺麗に食べて、カミさんに褒められました。
パンのお代わりもいただいて
美味しく食べた後は
デザートとコーヒー
本日のデザートは
「豆乳とバナナのミルフィーユ仕立て」
豆乳のせい?
甘すぎず、アッサリ味で
味見をしたダンさんにも好評でした。

飲み物は、ホットコーヒーの他
紅茶でもいいそうです。

セットの印象の締めとなるコーヒーも
美味しくいただけました。
ダンさんの特別ランチは
サラダ、メインディッシュ、パン、コーヒーで980円、
それにデザートをつけても1250円。

カミさんのレディスランチは
サラダ、スープ、パスタ、パン、デザート、コーヒーも付いて1250円。
他にもパスタランチ950円、スペシャルランチ1980円など
味、雰囲気などを考えると本当にお得感が大きく
この激戦地でありながら、お店が賑わっていたのも納得。
特に「レディスランチ」は絶対お奨めです。
名前は「レディス」だけれど、量が少ないわけでなし、
却って満足感は他のメニューより大きいかも?
男性もレディスランチを普通に注文していました。

ダンさんは個人的には「特別ランチ」だけでは量が少し物足りなかったようで
「美味しかったんで、もっと食べたかった!」と言ってました。
あらあら、ダンさんがそう言うんじゃ、大食漢さんには足りないのかな。
でも味が良かったからこそ、と、ちゃんと書いてくれって・・了解。
それに、ここは女性客が圧倒的に多いお店ですからね、
このくらいでちょうどいいかも。

やっぱり男性にも女性にも「レディスランチ」が一押し。と、
二人の話し合いで決まりました(笑)

リピーターがさぞかし多いだろう、この店
もう少し近くならなア。

会計を済ませて外にでるとき
大忙しで動き回っていたオーナーシェフ「中山弘」さん
厨房からわざわざ出ていらして「ありがとうございました」と
言ってくださったのが印象的でした。

ごちそうざまでした!美味しかったです♪
近くに来たら、また是非寄らせていただきます。
ヒロッシーニのデータ(HPが無いようなので)

長野県佐久市佐久平駅南10-2 永存第二ビル2階
tel 0267-67-7767
定休日 : 木曜日
営業時間 : 昼11:30〜15:00
        夜18:30〜22:00

HPのトップへ 18年9月中旬訪問