奥飛騨湯菜の宿白雲荘(再訪)
     
              25年5月中旬
「白雲荘の料理が食べたいな・・」

ダンさんのその一言で

半年前に初めて行った宿「白雲荘」に

早くも再訪することになりました。

半年も立たないうちに、同じ宿に行くなんて、多分、異例かも^m^

勿論、カミさんとしても大賛成

「行きたいね〜・・食べたいね〜・・」

というわけで、予約いたしました♪

 
 前回はじゃらん経由で、「(いろいろ乗り越えて)ご苦労様プラン」(勝手に命名)
お料理をグレードアップしたけれど

今回はその最高に満足したお料理だからグレードアップしなくても
きっと大丈夫!っと確信して通常プランにしてみようと思いました。

そしてオフィシャルのHPを見ていたら
「一周年記念プラン」というとってもお得感のあるプラン発見♪

迷わず、直接宿に申し込みました。


で、宿泊記を書く段になって

前回の宿泊記を読み返したら・・・

私達にしては、これ以上、加筆する必要がないくらい

マトモに丁寧に書いてありました
・・っと、自画自賛(笑)

ですから、「白雲荘」がどんな宿か知りたい方は

是非、前回の宿泊記を読んでください
m(__)m



え?

じゃ、今回の宿泊記は書かないの?


書きますとも、勿論。

ただ、今回は宿の説明は殆ど省いて

二人が当日体験したことをツラツラと書いていこうかなと思っています。

ですから、これを読んで

「なんなんだよ。これじゃ肝心の宿の雰囲気がわからないジャン!」と

言うのは無しです(*^_^*)




湯菜の宿、白雲荘

私達の心の中の「定宿」に加わりました。

 
 いつもはチェックイン時刻よりも早めに現地に着いてしまって

時間つぶしに苦労することが多いけれど、

今回は「勝手知ったる(?)奥飛騨」なので、ほぼ予定時間に宿に到着(*^_^*)

なのに、もう数台の車が停まっていた・・ありゃ、みんな早!

まだ、3時を数分過ぎたくらいの時間なのに・・一体何時に着いたの?

そういえば、

昔は宿の到着一番乗りを目指して

早めにチェックインしていたことがあったな〜・・と

懐かしく思い出しました

この人たちもきっとそうなんだろうな・・



そう思っていたのだけれど、帰宅してから白雲荘のHPを見直したら

なんと!

直接予約の特典で、希望すれば、早めのチェックインができるんだった!

あああ!よく見ないで予約しちゃった!

再訪だから、判ってるわ・・なんて知ったかぶりしてしまった私達が悪い!


 

囲炉裏のテーブルで

美味しい手作りハーブティーをいただきながら

チェックインカードを記入(再訪だから名前のみ)していたら

支配人が笑顔でやってきて「おかえりなさい」と(^^)

「おかえりなさい」・・初めての宿で言われると

「初めて来たんですけど・・」ってツッコミ入れたくなっちゃうけれど

気に入って再訪した宿の

気に入った人に言われると

素直に嬉しくなっちゃいます♪
 

支配人といろいろお話してから
スタッフの方に案内されて
二階のお部屋へ。

前回、システムに感心した
「貸切温泉の予約ボード」

既に先にチェックインした組が
露天風呂を予約してあったので

空いている内湯三箇所のうち
一箇所を、ちょっと迷いながら予約。



ここでも
「初めてじゃないから」と
気が緩んでいたのか・・

後でちょっとしたアクシデント・・が(-_-;))




部屋は

今回は前回よりも少し広め(12畳)の部屋をチョイス♪

角部屋でなかなか気持ちいいです。

前回の部屋でもジュウブン満足だったのだけれど

今回はとてもお得に泊まれたので、部屋をちょっと変えてみました^m^


ウェルカムティーも手作りならお着き菓子も手作り。

しかも、当然ですが本当に美味♪



 
 
 部屋ですぐに乾杯なんぞしちゃってから

予約した時間を待って

貸切の温泉に入りに行きました。



ここは2つの露天風呂と
3つの内湯に無料で何回も入れるのも
宿の大きな魅力戦力になっていて
私たちが料理と共に惹かれる点でもあるんです♪



ご機嫌でルンルン(古すぎ?)気分の二人は
このあと、真っ青(まっつぁお)になる事に・・・・



                   温泉編に続く(^_^;)
HP「ダンカミのふるむ〜ん温泉」のトップへ
湯菜の宿 白雲荘
〒506-1421 
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉
TEL:0578-89-2467