乳頭温泉 蟹場温泉
19年6月下旬
乳頭温泉湯めぐり帖利用
立ち寄り9:00〜17:00 500円
乳頭温泉湯めぐり帖

乳頭温泉に宿泊すると一冊1500円で購入可能。
乳頭温泉組合加盟の7軒の宿
(鶴の湯、妙乃湯、蟹場、黒湯、孫六、大釜、国民休暇村)
の温泉に入れことができる。一年間有効。
洒落た女性好みの宿だった「妙乃湯」を後にして
次に向かった先は「蟹場温泉」
「がにば」と濁音で読む。

洒落た建物の「妙乃湯」と比べると
正面から見ても変哲の無い客室の窓がズラリと並ぶ
よくある、ごくごく普通の宿であった。
玄関を一歩入ると
意外にスッキリしたセンスのインテリアで纏められている。
外観との思わぬギャップは、ちょっと楽しい。

フロントに居たのは若主人か。この若い人がこの古い宿を守っているのか。
フロントで教わったとおりに廊下を歩き
一旦建物の外に出て、お目当ての混浴露天風呂に
行くようになっている。
サンダルに履き替えて外に出るダンさんを
廊下からカミさんがパチリ。
あれ、意外にスマートに写ってるじゃん。
さて、混浴の露天風呂。
見えない。どこだ?
でも宿の出口から一直線に伸びているこの小道。
ここを行けばいいんだろうね。
少し歩いて振り返って宿を見たところ。
ちょっと体育館みたいに見えなくも無い。
一本道を歩いてなだらかな石段を降りていくと
露天風呂が見えてきた。
これは脱衣場側から撮った画像だけれど
中央奥に石段が見えるかな。
あそこを降りてくる。
湯船の前に
気持ちばかりの柵はあるけれど、丸見え。
2人が着いた時には何人か入浴していた。
先客は全員男性だったけれど
此処まで来て迷ってる場合ではないとカミさん。
ダンさんもここで躊躇するのは
流石に野暮と思って何も言わず。

幸い、脱衣場は男女別にあったので助かった。
露天風呂は自然の中にあって
まるで野湯のような雰囲気。
湯舟は細長く変形してるので
死角になる部分もあって
女性には嬉しいかも。

ただし・・
ご覧のように見事なまでの無色透明の湯。
これは有難くない〜

乳頭温泉の名前のイメージからか
有名な鶴の湯の露天風呂のイメージからか
この辺りの温泉はみんな
「乳白色」のお湯だと思っていたけれど
妙乃湯も、この蟹場も
白濁ではないのだよ。
カミさんは脱衣してから先客に挨拶して
みんなが居るほうとは反対側の湯舟に身を沈める・・

だけど・・熱い!あつ〜〜い!

長く入ってられない。

先客を見ると・・みんなも熱いのねえ
外で涼んでるじゃないの。

でもカミさんは外で涼むわけにも行かず・・
もう!駄目・・と思った時

すぐ傍のホースから水が出ているのに気がついた。


あぢぃ〜・・ひたすらホースの水で
周りの湯温を下げようとしてる・・
助かった。
すぐにホースを身体の近くに持ってきて
もうその後はひたすら、水で身体を冷やしながらの入浴。
最後までホースを離す事ができないカミさんでした。
結局、それほど長湯ができないまま
早々に露天風呂から上がった二人。

まだ身体がほてったままだったので
宿のフロントで売っていたアイスクリームを買って食べた。

上の画像はフロント傍の「休憩室」
若主人に勧められて、そこで休みながらアイスクリームを食べさせて貰う事に。

この空間、とてもセンス良く纏められていて居心地がとてもいい。
この部屋のインテリアや使い方は誰が考えたのだろう・・と思う。

蟹がイッパイ
この宿、立ち寄りで行っただけだけれど
何か心に残る、ちょっと気になる宿だった。
多分それは、私達の好きなパターン「若い世代が頑張っている」・・
それをホンの少しの滞在時間に、なんとなく感じたから。

泊まってみても面白いかも・・そんな感覚も持った。
若主人と少し話してみたい・・そんな感覚も持った。
後からクチコミなど見ると評価は様々で、
まだまだ発展途上かなと思う部分もあるけれど
それでもやっぱり惹かれる宿。

あの魅力的な露天風呂にも夜、ユックリ入りたい。
周囲を気にせず、満天の星を仰ぎながら、岩に腰掛けて涼みたい。

玄関を出るときに見送ってくれた若主人に
心の中で「頑張って」と声をかけて外に出た。

さて、次はいよいよ楽しみだった「黒湯」だね。
トップへ

秋田県仙北郡田沢湖町田沢
Tel 0187-46-2021