福渡温泉 岩の湯
 15年9月下旬 
200円
6:00〜21:00
旅行先にちょっと気になる「立ち寄り湯」があると、どうしても行ってみたくなる二人。
一日に何湯も入る、という芸当は体力気力ともに無理だけど、
それでも入りたい温泉がすぐ傍にあれば、行ってみたいのが人情というもの。

栃木の塩原温泉にある「岩の湯」・「不動の湯」は話には聞いていたが、
長野から非常に行きにくい場所と決め込んで、
多分行くことはないだろうと思っていた。
それが、たまたま塩原温泉に行かれるチャンスが巡ってきたので、
これはもう行くっきゃないと決行!

朝は6時から入れるらしかったが、二人が向かったのはすでに8時半。
車は道路脇の空き地に停める。そこから、少し歩かなくてはならない。
昨日この道路を通った時は何台も路上駐車をしていたが、
きょうはこんな時間のせいか、さすがに一台もいなかった。

川沿いに歩いていくと
向うに橋が見える

 

橋を渡ってくるカミさん
背後に旅館が見える

 

橋を旅館側から撮る
このたもと(右側)に「岩の湯」がある
左に行くと「不動の湯」への道へ
道路から川のほうに降りて、川沿いの遊歩道を歩く。
しばらく歩くと「不動吊り橋」がある。そこを渡ってすぐ左に見えるのが「岩の湯」なのだが、
実は、橋を渡る前から、この「岩の湯」はよく見える。
脱衣場も無く、簡単な衝立があるのだが、それとて橋からは丸見え。

橋を渡る前から見えている
「岩の湯」

橋からの景色
右山側に不動の湯があるはず
渓流のすぐ傍にあって、ロケーションはいいし、
誰も入っていなかったのでチャンスだったが
川を挟んだ向かいの宿から見物し放題の感じ。
勇気を出して入っても、目の前に旅館の窓、窓・・これでは魅力を感じない。
ふたりは温泉の質にはイマイチ素人なので、あっさり断念した。

ここから、しばらく歩けば一番の目的の「不動の湯」が待っている。
「岩の湯」にも誰もいなかったんだもの。「不動の湯」も、もしかしたら「二人占め」かも。
先を急ごう!

橋の上から見る「岩の湯」
脱衣場は、衝立の所にあるベンチのみ

温泉の前まできたは良いけど、
これはやめておこうと思うカミさん
トップへ 福渡温泉 不動の湯に続く