福渡温泉 不動の湯
 14年9月下旬 
200円
6:00〜21:00
無人だった「岩の湯」を後にして、遊歩道を歩いて行く。
「不動の湯」も、まだ誰もいないかもしれない。ふたりの期待は高まる。
と、そんな期待に反して、遊歩道で次から次へと人に出会う。
みな、トレッキングの出で立ちのおじさん、おばさん。
「おはようございまーす!」「こんにちわー!」やたら元気だ。

皆、こんなに朝早くから何してるんだろうと、軟弱な二人は首をかしげる。

不動の湯への遊歩道
しばらく山道の遊歩道を行くと、やがて前方に湯煙と小さな屋根が見えてきた。
そちらからもトレッキングのグループが降りてくる。
中には、露天風呂の方を向いて立ち止まっている人達もいる。
私達が傍に行くと「はいるつもりかい?」という顔をして下って行った。

向うの方に何やら見えてきたぞ

近づくと間違いなく「不動の湯」
これは脱衣場らしい
囲いはあってないようなもの
脱衣場らしき、しかし囲いのない建物が入り口近くにあるのみ。
先客は、かなりご年配のご婦人ふたり。
カミさん、ほっとして挨拶をして入る。
その間もトレッキングの人がひっきりなし。
でも、更衣がだいぶ上手になったと我ながら思うカミさん。

脱衣場を湯船から見る
(手ぶれがヒドイため、大きくできません、あしからず)
ここはいつも混んでいると聞いていたが、ふたりはラッキーだったのかも。
ご婦人二人が出た後は、若い男性が3人、入ってきただけ。
渓流の音聞きながらの森林浴は、きた甲斐があったと思うふたり。

年配の方しかいなかったので、
安心して入るカミさんを遊歩道側から撮る

(ダンさん、焦ってコレも手ぶれ、何してんのよ!)

打たせ湯の勢いは結構強くて肩こりに良さそう
熟年のお方が占領なさってましたが・・
 
出る時や着替えが少し苦労したけれど、
ダンさんが、カミさんのフォローをしながらの着替え。
自分達で言うのもなんだが、なかなかのコンビネーション。
じゅうぶん満足して、今来た遊歩道を歩いて帰る・・あ、忘れちゃいけない。
協力金ひとり200円を入り口付近の箱にチャリン、チャリン。

入浴して渓流を眺める

出てから、温泉全体を写す
男の子達、のんびり入浴

トップへ
栃木県那須郡塩原町福渡
TEL:0287−32−2512
(塩原温泉観光協会)
(おまけ)
塩原からの帰り、日光経由で群馬方面へ。
途中で日光の名所に立ち寄ったので、写真だけ載せますね。有名な所ばかりだけど、
実際に見た時の迫力は写真に出なかったんで、「おまけ」にしました。

華厳の滝

中禅寺湖

男体山

中禅寺湖

戦場ヶ原

金精峠より