鉛温泉 藤三旅館
      19年6月下旬
立ち寄り入浴 700円
とうとう帰る日になってしまった。(な〜んて・・たった二泊でオーバーだけど)
でも二泊三日の旅のわりには充実した旅だったように思う。
泊まった温泉も、立ち寄りで入った温泉も
本当にどこもかしこも良くて・・いい旅だった。

でもまだ終わりじゃない。
新幹線の時間までまだ間があるでしょう。

北東北の旅に悔いが残らないよう、時間の許す限り
気になっていた温泉に入っていこうよ。

まずは・・鉛温泉 藤三旅館

旅館部と自炊部はアッチとコッチ
お目当ての混浴内湯はどっちだ?
混浴の内湯を何かの画像で見たことがある。
薄暗い画像だったけれど「ここ、いい♪」と心が騒いだ。
「藤三旅館」とあった。

「とうさん」ではなく「ふじさん」と読む事を今回知った。
魅せられた内湯は「白猿の湯」とあった。
「しろざる」ではなく「はくえん」と読む事も今回知った。

坂道から見えた、なんともレトロな建物が藤三旅館だった。
藤三旅館は

その堂々とした佇まいで
ふたりに溜息をつかせた。

その厳かな佇まいで
ふたりをノックアウトした。


二階と三階の客室窓。「おお〜〜っ♪いい感じ」

駄目押しの一撃。
フロントの男性、まだ若い。

ジーンズにポロシャツ。ちょっと長髪。気持ち無精ひげ。

その彼から出る言葉は優しく丁寧で
表情は温かみがあって・・
「変なの・・」と嬉しい違和感。こういうアンバランス、好き。
案内されたとおり、廊下を何度か曲がって
お目当ての白猿の湯の前に到着。

上の画像のガラス戸の向こうが浴室のはず。
遠くに人が立っている。そこが入り口。
こんな張り紙が廊下の目立つところに貼ってある。
そう、この浴室は撮影禁止。

浴室の戸を開けたら、ちょうど何人もの男性グループが
既に着替えて出てくるところだった。
更衣する場所でも数人が入浴が済んで着替え中。
貸切にはならなかったけれど、いちばん混んでる時間を
タッチの差で避けられてラッキー♪
この画像、撮影禁止は知っていたが
たった一枚だけ、湯舟は写さず撮ったもの。
更衣の場所から、浴室入り口を見て。

そう、こんな風に地下になっているのです。
入り口の左側に写っているのが上で撮った
廊下側のガラス戸。


そして・・階段を降りると・・

宿のHPからお借りしました。
どうしてもこの浴室を紹介したいので
宿のHPの画像をお借りした。
上の階段のみの画像と合わせて
見てもらうと、雰囲気がわかるかな。

独特な雰囲気でしょう・・
この浴槽は深さが120センチくらいある立ち湯。
透明な湯なので少し入りづらい気もするけれど
先に入っていたご夫婦も
後から来た数人の男の人たちも
みんな写真のように
本当にのんび〜〜り入っていて
ふたりもいつの間にか気を使わず、ぼんやりと
湯を楽しんでいた。

更衣は簡単な衝立のある二箇所の更衣棚で。
開放感のある露天風呂も好きだけど
趣のある静寂な内湯に身を委ねていると
大袈裟かも知れないけれど
宇宙でフワリと浮かんでいるような気持ちになる。

他の人たちもみんな、自分だけの「宇宙」で
ふわ〜っと浮遊していた。
お風呂を出て廊下を戻る途中で見つけた「神社」
温泉神社という類か。
祠のなかには「白猿」が祀られているらしい。

ダンさん、真剣に何を祈っているのだろう・・
ロビーでこんなもの見つけた。
「地・温泉宣言」
これか〜!

実はカミさんが鶴の湯のお風呂で一緒になった
東京からの奥さんが
「地温泉」をいろいろ廻っている...
と言っていたけれど
「地温泉」の意味がわからなかった。

このことだったんだ〜〜
JRが企画した旅行パックのようだ。
魅力的な温泉宿が並んでいる。

知らなかったのは、
私達の旅行手段が殆ど車だからだろうね。

いつか、車を使って遠出がしにくくなったら
こういう企画を大いに利用したいなと、思う。
フロントのおにいさん
帰りもとても感じのいいムードで見送ってくれた。
「いいお湯でした、ありがとう・・」
自然にそういう言葉が出る。

ああ、この画像を見て、今、知った。
ここは「秘湯を守る会」の宿なのだね。

最近は加盟宿が増えて、中には??と思うものも少なく無いけれど
ここはいいね。
ここは胸を張っての「秘湯」だね。
ここは是非「守って」貰いたい宿だね。
HPのトップへ 藤三旅館

〒025-0252 岩手県花巻市鉛字中平75-1 Tel.0198-25-2311(代)