永平寺(?)

ダンカミ初めての日帰りバスツアー
そして・・


16年11月下旬
カミ 「ねえ、また日帰りバスツアーの広告が入ってるよ」
ダン 「なんか良いのある?」
カミ 「バスツアーなんか行く気も無いくせに〜(笑)
    ・・・ねえ、今度の祝日、なんにも予定がなかったっけ?」
ダン 「また急だね・・何もないけど」
カミ 「永平寺の参拝が空いてるみたいよ」
ダン 「永平寺か・・ボクは社員旅行で行ったことあるよ、確か。永平寺か・・」
カミ 「永平寺だよ・・福井県だね」
ダン 「福井か・・」
カミ 「福井だね」
ダン 「申し込んでみるか〜〜!」
カミ 「うん♪」

というわけで急遽参加することになった日帰りバスツアー永平寺参拝の旅。
ここで、その日のダンカミの体験を思い出に残すべく書いておくのですが
先にお断りしておきますが
永平寺の感想や説明、日帰りバスツアーの様子などは
ほとんどありませんので、あしからず(^_-)-☆

この日はもっと二人にとって「楽しい」事がありましたので・・
突然ですがここは永平寺に向かう途中
休憩で寄ったパーキングエリアです。
長野から福井県に行くには
新潟、富山、石川と
三つも県を越えていかなくてはなりません。

自分達だけで日帰りで往復するのは、
まずありえない距離です。
バスは途中何度も、
こうした休憩をとりながら福井に向かいます。
ここは何処のサービスエリアだっけ。
向こうに裸眼では海が見えたのですが
画像が小さくてわかりませんね。
空が見事に青いのはお分かりいただけるでしょ。
この時期の日本海側としては
まれに見る暖かな陽気。
しかも快晴だったんですよ。

よっ!晴れ男!晴れ女!
と自画自賛。
今回のツアーは「永平寺見学」のみ。
バスは永平寺に直行して永平寺から長野に直帰。
向こうでも見学が済めば、集合時間までフリーになるはずだし
見学の時だって、ほとんどフリーみたいなものだろうな。
だから・・このバスツアーを選んだといってもいいかな。
そう・・実はダンカミには、この旅で「見学」「参拝」よりも
もっと大きな目的があったのです。


それは・・・それはすぐにわかります(^_-)-☆
日帰りツアー一行は永平寺山門前の食堂で精進料理を食べましたが
特に記することも無いものだったので省きましょう。
食後しばらくはフリータイムだというので二人は急いで食べて外に出ます。
その間も何度か携帯電話で誰かとメールのやりとり。
そして・・
この画像見てください。
向こうから人が走ってくるのがわかるでしょうか。
赤い矢印なんか、つけちゃいました(*^_^*)
「こんにちは〜〜」と言ったか
「はじめまして〜〜!」っと言ったか
覚えていません。
きっと、ドキドキしていたからでしょうね。
そう!今回のツアーの一番の目玉(!)はこの女性に会うことだったのです。
この女性・・「おかあさん」です。
おかあさんと言ったって勿論母親じゃないですよ。
ハンドルネームなんです・・そう、彼女はネット友達。
ダンカミがHPを公開した初日に掲示板にきてくれて、
以来変わらぬお付き合いが続いている大切な友達です。
今回、彼女の住む福井県へのツアーだということで・・
こんな「ミニオフ」が実現しちゃいました♪
しかし・・ドキドキするものですねえ。
おかあさん、初めてお会いするのに
そんな気が全然しなくて。
彼女もHPを持っているので
お互いの掲示板でお喋りしているせいかな。

初めてお会いした印象が
「わぁい!HPの写真と同じ!」(それ以上に素敵♪)
ダンさんにこっそり言ったら
「当たり前だろ!」って嬉しそう〜
ダンさん、
大好きなおかあさんとのツーショットが叶って・・
見てくださいダンさんの顔。
満面の笑みです♪
永平寺参拝のための集合時間になったので
おかあさんもツアー客に混じって参拝することに。

あ、言っておきますが
ちゃんと参拝料は別に払いましたからね(笑)
予定では修行僧さんの案内で永平寺の中を見学・・ということになっていたのですが
観光客が多くてごちゃごちゃ。
みんなチリヂリバラバラになってしまって添乗員さんは右往左往。

私達もしばらくはツアー仲間を探していたのだけれど、
そのうち何となく3人の単独行動になってしまいました。

まあ、集合場所と時間がわかってるから、大丈夫でしょ。
それに正直言うと
修行僧さんの説明を聞きながら
団体でまわるより
折角会えたおかあさんと話をしながら歩くほうが
ダンカミにとっては嬉しいかも〜。

おかあさんに撮ってもらったツーショット
おかあさんは実は何度も永平寺に来ています。
寺の中を歩きながらの雑談の中でも
今まで参拝したときの様子など、
解説も交えて話してくれます。
ガイドさんみたいです(*^_^*)

カミさんが手をかけているのは
長さが4メートルもある「すりこぎ」
触るとお料理が上手くなるんですって。
勿論、なでなでしました。

「おかあさんは触らないの?」
「だって、私は何度も来てるもの」

そうかそうか、だから料理が得意なわけね、納得。
境内でのおかあさん、カミさんの
嬉しい記念写真。
今、考えたら誰かにお願いして
3人で撮れば良かったな。
集合時間まで間があったので
近くの喫茶店で3人でお喋り。
いろんな事、話したね。
なんだか昔からのお友達みたいで。
この感覚って、不思議だな。
喫茶店を出てからも、話は尽きません。

「ねえねえ、○○のこと、どうなった?」

「お蔭様でなんとか解決。ほっとしたわ。

そういえば、○○の件は?その後どう?」

「そうそう、それがねえ、聞いてくれる?」

そんな二人をダンさんがカメラに納めます。
「二人が並んで楽しそうに話しているのを見て
嬉しくて嬉しくて仕方なかった」

とはダンさんのセリフ。
しかし、いかにせん「日帰りバスツアー」
無情にも時間はあっという間に過ぎて、早くも集合時間。
あ〜〜・・残念。
じゃあこの続きのお喋りは、またこの次ね。
「またぜひ!」「きっとね、今度はゆっくりね」

バスが発車してから
シミジミ二人で「来て良かったねえ・・」と。
初めての日帰りバスツアー」
非常に個人的な意味で、大々満足の旅でした(^_-)-☆
ばんざ〜い!!
え?肝心の永平寺は?
なにも紹介しないと、福井のおかあさんから
「あんな素敵なところを何も紹介しないなんて!」と
クレームが付くといけないので、ちょこっと写真だけ(^^ゞ

今回は永平寺も素敵だったけれど
それ以上に素敵なおかあさんにグッときた、
ダンカミの日帰りツアーなのでありました。
トップへ