土曜日はイタリアン



                                  
2012年9月2日、日曜日

昨日と同じ道を、昨日と同じく「土イタ」を目指して走っている。

2日続けての土イタ?

そのワケはブログ「今日のビタミン」に書いてあるので

できたら、そちらから(~_~;)

この記事のプロローグにもなっておりますm(__)m
午前10時30分ごろ到着。

あ、きょうは確かに営業するみたい♪

でも、30分前だというのに一台しか車が無いね。

やっぱりね・・いつもだったら車だらけだもの。

若い男性が一人、ドアの前のベンチに腰掛けて本を読んでいる。
悠々と駐車場に停める。
先客の車の中には、若い女性がシートを倒して寝ている。

ベンチに座っていた男性の連れね。
彼は、彼女のために並んでいるのだね。

きょうは、そんなに早くから並ばなくても大丈夫なのだけど。

時間つぶしで周囲を散歩。

向こうに見えるのは木島平スキー場だよね〜

昨日もドライブで行ったよね〜^_^;


すると店の近くを撮っていたダンさんが

私に近づいてきて困ったような顔をして言った。

「11時開店かと思ったら・・11時半だった(^^ゞ」




え〜っ?^_^;あとどのくらい?

う〜んと・・50分かな・・

え〜っ・・そんなに?

並ぶならともかく、きっと今日は並ぶ必要もないでしょ。

ヤダナア・・ここでただジッとしてるの・・

車の中でテレビでも見てる?

暑いじゃん・・エンジンかけるのは迷惑だし・・

じゃ、少しドライブしてから来ようか。

そうだね



そうして2人は、先客が一組しか居ない土イタを一度離れたのでした。


ドアの前のベンチでは
彼女のために本やスマホで時間をつぶしながら開店を待つ男性が
さっきと同じ姿勢で座っている。

「あの人、きょう開店してるの、よく知ってたね。
私達みたいに、きのう間違えて来ちゃったのかしらね」


ノー天気な2人でした。
開店の20分前頃。
そろそろだね・・と
ドライブをして店に戻ってきたら・・




何これ??

何、この人たち???

何、この車の数!!

気分は・・

「ガ〜〜ン」というよりも

「・・・・・・・・・・・・(^_^;)」


こんな感じです(笑)

だけど笑うっきゃないですね、ここは・・・

でも・・

誰よ

きょう、開店するのは、みんな知らないはずだ♪

なんて言ったのは・・(^_^;)


(お互いに相手の顔を見る)
ダンさんが、こっそり並んでいる人数を数えている。

「・・・だめだな。

一回目はカウンター席でも無理だと思う。

一巡してからだとすると・・一時過ぎかな・・」


わぁ・・(-_-;)

どうする?帰る?

なんか・・今回は縁がないのかもね〜〜(苦笑)



5分くらい前になると
土イタの女性スタッフが外に来て
人数と名前を順番に聞いている。


私達の前に来ると
「あ、こんにちは」と言い
「この順番で良かったですか?」と。

きっと
さっき早々と来て、周囲をウロツイテいたのを中から見てたんだな(笑)

もちろん、いいですよ。
途中で抜けた私達の「読み」が浅かったんだから(^_^;)



私達の前に並んでいたのは
家族二組(?)なのか
子供を含んで8人ほどで来ていた。

どうやら初めて訪れた様子。


運が悪いというか、お気の毒というか
先着順に入ると、
家族の半分しか入店できない。

後の半分の方はテーブルが空くまでの
一時間以上待たなくてはならない事になる。


そういう話を、スタッフが申し分けない様子で説明したら
その大家族さんは「それじゃあ、仕方ないな」と帰っていった。

お気の毒だったけれど、土イタは本当に小さな小さなレストランだし
人気があるので、こういう事もあるのです・・



で、

お気の毒な御家族が撤退されたので

次に待つ私達は幸運にも第一陣で、入れることになった。

「繰り上げ当選」みたいなもんですな(^_^;)
繰り上げ当選だから

当然、テーブルではなく

カウンター席。

でも、じゅうぶん広いし

第一、カウンター越しに

厨房で奮闘するマスターや奥様を

見ることが出来るので、

とてもお得な席でもある。


(この画像は食後の席が空いた時に撮ったもの)
席に着く前に、マスター&奥様と

顔が合ったので

いつぞやの、
と〜〜っても嬉しかったお手紙のお礼が言えた♪


奥様もその時の事を嬉しそうに話してくれて

それから私達に

「今、お2人の写真を撮らせて貰っていいですか?」と。

え?嬉しいけれど、今ですか?
いつの間にか、奥様はカメラ片手に

どうぞこちらへ・・と

お店の入り口に私達を誘う。

え?いいんですか?お忙しいのに・・・

私達の心配を他所に、奥様はニコヤカに

ここにカミさんが座って、ここにダンさんが・・と

写真屋さんみたいに、テキパキと私達のポーズを決めてくれる。


そして

「先日は本当にダンカミさんを撮ればよかったと残念で残念で〜」と

言いながら、楽しそうに撮ってくれた。


いや〜・・恐縮です・・でも本当に嬉しくて・・

大いにテレながら席に戻った(^^ゞ

お忙しいでしょうに、ほんと、スイマセン
嬉しいサプライズの興奮も冷めないまま

いつものようにメニューを開く。

この画像はほんの一部。

いつもいつも、たくさんのメニューの中から

何を選んだらいいのか、本当に迷うのよね〜〜

どれに決めても

美味しいのは判っているのだけれど

それでも迷うのよね〜〜


しかも定番のメニュー表だけじゃない。

店中アチコチにこういうメニューのポップが貼ってある。

カウンターの前の壁にも、勿論、ほら!

可愛いイラストも付いて、見るだけで楽しいけれど

これも悩むタネを増やす原因(笑)

みんな、奥様の作品・・そう、作品だよね。
毎回迷うけれど

毎回、迷わないでオーダーするのは、

これ^m^

いえいえ、今回は迷ったのよ。

ダンさんに悪いかな〜・・って^m^

だけど

「いいよ、どうせ頼みたいんだろ?」って言うから(笑)



なみなみとワイン(*^_^*)

マスターが
「昨日の分も飲んでください」って。


そう、昨日、間違えて来てしまった話を

カウンター越しにしたので(^^ゞ

カウンター席、なかなかイイです(笑)
ワインには、勿論サラダがセット。

もう何度も何度も、ここで紹介したので今更という感じなので

画像は
いつもよりは遠慮したサイズで載せます。

ちなみにダンさんは、サラダ+コーヒーのセット(^^ゞ

ドレッシングがホントに美味しい♪

チョイスしたのは
店長おススメの中から2品
名前、正しくは忘れてしまったけれど
一品目は「ホワイトソース」!

以前の記事に何度も書いたように

ダンさんはホワイトソース系のパスタは普段はチョイスしない。

なのに「土イタ」に来た時だけ、進んでチョイスする。

マスターにそう言ったら

「またまたぁ、上手いんだから」って(笑)

ううん、ほんとだよ。

今日のクリームスパゲッティーは

サーモンとアスパラ。

もう一品は、これもダンさんの好きな「和風」

「タラコと野沢菜のホタル風」

黄身をホタルに見立てた一品。

野沢菜の塩加減と黄身のまろやかな味がスパゲティと混じって美味です♪

舌鼓を打ちながら

さりげなく周囲を見る。

勿論、満席。ドアの外を見ると・・

おぉ!順番待ちの人たちが見える。

「いやぁ・・参りました」

ダンさんが呟く。

この人気・・
しかも、シツコイようだけれど

なんで今日営業してるって

みんな知ってたんだろう

みんな

フツーの顔して、食べてる(笑)

ふふ・・

ま、いいか

こうして無事に「土イタ」に来られて

「土イタ」のお料理をいただけたんだから・・


厨房の上のほうの棚に
さり気なく飾られているのはモジリアニ

モジリアニ、2人とも大好きなのです♪
私の食後のデザートは「コーヒーゼリー」

生クリームたっぷり♪

そして、コーヒー

ダンさんだけのはずが、私の分まで。

ごちそうさまm(__)m
カウンター席なのをイイことに

マッタリしすぎて、多分、第一陣の中では

私達が一番、遅くまで居座っていました。


外に出ると

まだまだ、待ってる車がたくさん。

本当にいつ来ても「土イタ」の人気にはビックリ。



でも、きょうは
思い切って再チャレンジ(?)して本当に良かった。


ごちそう様でした!
オマケ

帰りにレジで、奥様から
「プレゼントです♪」と封筒を渡されました。

開けてみたら・・

わ!

なんと、もうプリントしてくださっていたのです。

いつの間に・・
あんなにお忙しそうだったのに・・・


ありがとうございます

ふふ・・

なんだか本当にフォトスタジオで撮ったみたいです♪
他の日の感想記 1 2 3 4 5 6

HPのトップへ
土曜日はイタリアン
〒389-2301 長野県下高井郡木島平村大字穂高3103-8
0269-82-4633

定 休 日: 毎水曜日, 第1・第3日曜日