更埴 杏の里

長野市の南、更埴市は杏の生産地として有名な所です。
毎年4月には、杏の里と称する村一帯が
薄桃色に煙ぶる杏の花に覆われます。
一目十万本、と言われるくらい、丘の上に立つと
目の前一帯に杏畑が広がります。
桜などと比べると、もう少し控えめで内気な印象ですが
これだけの面積を覆うと さすがに圧巻。
今年は 例年より早く花が咲き 私達が行った時は
ほんの少し時期が遅れたのがとても残念。
杏は花の時期が本当に短いのです。

写真UPしますが 正直に言って これでは少し 
見るほうも、見られる杏のほうも、腑に落ちないかもしれませんね。
特に杏自身と、 最盛期の美しさを知っている方達にとってはね。
来年、今度はきっと 最盛期に杏の村をUPする事をお約束して 
今年はこの画像で最盛期の見事さを想像してもらえれば・・ と思います。
                                13年4月7日
トップへ