Alles Gute(アレスグーテ)

「奥飛騨に行ったら、お奨めの喫茶店があるんです」
こんなメールを頂いて初めて知ったこのお店。
記録的な大雪の中で訪ねた私たちの身体も心も暖めてくれた。
手作り菓子&コーヒーの店「アレスグーテ」
お店に向かう途中で電話をして営業しているかどうか聞いてみる。
いつもはあまりそういう確認はしないけれど
あまりの大雪で閉まっている可能性も・・と思ったから。
店の前まで行って閉まっていたら泣くに泣けない。
電話に出たのはお店の御主人らしい。開いていた、良かった。

ただし駐車場は融雪パイプがあるけれど、
店の前の除雪が間に合わないので入りにくいと申し訳なさそう。

駐車場さえ除雪してくれれば、あとは何とかなるので
これから行く事を伝えて銀世界の中を走る。
あ、あった。雪の中で一際目立つ色の看板がかろうじて雪に埋まらずに。
矢印に従って脇道に曲がる。
途端に除雪車の来ない「聖域」に。
お店の駐車場入り口では
さっき電話に出た御主人が雪かきをしてくれていたけれど
やはり入るのが大変で御主人が恐縮することしきり。

車を降りて店に入るのだけれど
この入口の囲い、なんていうんだろう。雪や冷気を避けるためのものだろう。
雪深い土地に来たなあと実感。


入り口を入って、スリッパに履き替え、更に大きなガラス扉を開ける。
木の香が漂うばかりの天井の高い
明るい空間が目の前に広がる。
そして壁一面の大窓からの景色は
この店の一番のご馳走。
降りしきる冷たい雪も
このガラスの内側から見ていれば
さながら一枚の大きな絵のよう。
景色だけの画像がないので
邪魔な被写体をボカシました。
次回訪れた時にはいい写真を撮ってきます。
「暖かさ」のメインは薪ストーブ。
こんなに広い空間なのに
殆どこれが中心で暖を取っているそうだ。
エアコンなどはあまり気温が下がると
暖房モードにならないんだって。
それは知らなかった・・

パチパチと燃える炎と
高い天井でゆっくり回るプロペラの羽と・・
窓からはご覧の景色。
頭の中が空っぽになりそうな
ゆっくりとした時が流れる・・
注文したのはケーキとコーヒー。
それから今夜の宿に入ってから食べようと手作りクッキーも。
どれも甘さ控えめな大人の味で美味しかった。

客が私たちだけだという事もあって、
オーナーご夫婦と
随分話し込んでしまった。
お二人とも、まだ若いけれど
とても真面目で暖かい印象で好感が持てる。

御主人は九州、奥さんは関西の出身で
数年前にこの地で店を開いたという。

暖かな地方で育ったふたり、
さすがに今冬の奥飛騨の雪には閉口していた。
「これだけ雪が降り続けると
南の国に行きたくなる・・」


わかりますわかります。
雪かきだけでも半端じゃない重労働だものね。
でも頑張ってね。
「アレスグーテ」のこの雰囲気を目当てに
遠くからわざわざ来る人達のためにもね。
やがて他の客が来たので、二人もそろそろ腰を上げる。
柔らかな薪ストーブの炎と美味しいケーキ、
それに楽しい会話ですっかり身も心も温まった。
さて、今夜の宿に向かいましょうか。
HPのトップへ Alles Gute(アレスグーテ)
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根200-162
0578-9-3577
営業時間:10〜18時
定休日:水曜日