番外2  乳癌とスポーツジム
ここに紹介する「◎ジム・ジム・ジム」

この記事は、「再建ブログ」を始めた2006年10月に
楽天ブログのフリーページに載せたものの一つ。


今はこの時とは事情が少しだけ変わっているけれど
自分にとって大事な記事なので、ここに転記しておこうと思う。

事情が変わった・・と、いっても
あの頃、二箇所だったジムを今は一箇所にしただけ。
現在もそこで、
ブログを書いていた時代以上に充実したジムライフを送っている。


ありとあらゆる「おだて」に、まんまと乗せられて
ジム会員用のブログを作ったり、
新会員に余計なお世話(?)をしたりと
相変わらずセッセと木に登っている豚です。

乳がんの事は今のジムでも一部の人しか知らない。
理由は下に書いたのと同じ。変に気を遣って欲しくないから。

主人は、「もしも乳がんだと分かったら
みんなもっと感心してスゴイ事になるよ。
ますますいろんな相談を持ちかけられるかも」と冷やかすが、
今はカミングアウトの気はない。
今の自分の立場のままがいい。

でも.・・・もしも誰か友人が同じ病になって、それを私が知ることになったら
その時には私のことを言ってあげたいと思う。

己惚れだと分かっているけれど
きっと私の「今の姿」は何かの役に・・励みになると思っている。

その「いつか誰かのため」にも
パワフルな癌サバイバーでいたいと思う。

前置きが長くなりました。
楽天ブログに書いた「◎ジム・ジム・ジム
転記します。

◎ジム・ジム・ジム

乳癌告知される半年前に、
それまでやったこともない「ジム通い」を始めた。

もともとは身体を動かすよりも

家の中で手先を動かしたり、部屋の模様替えしたり

そういう「家遊び」が好きだったのに

ジムが余程性に合っていたのか。

エアロやらヨガやらにすぐに夢中になってしまった。

そこへ乳癌


病気になったことは勿論だけど

ジムに行かれなくなる・・そのことがショックだった。

思ったのは・・「必ずジムに戻るぞ!」ということ。



手術後、初めてジムに戻った日、

初日は軽くウォーミングアップだけと思っていたのに

気がついたらスタジオに飛び込んでエアロを踊っていた(笑)



今は二箇所のジムに所属している

定休日が違うので、片方の定休日にはもう一方のジムに。

スタジオプログラムを見ながら、ジムのはしごをする時も。

エアロは勿論

格闘技系エアロ

インナーマッスル系トレーニング(ピラティスなど)

パワーヨガなどなんでもしている。



乳癌のことは一部のインストラクターと限られたジム仲間しか知らない。


話さないのはつらいからじゃない。

変に気を使われるのが嫌だから。

バーベルを持ち上げたり、腕立て伏せしたり

ヨガのハードなポーズをする私が

乳癌で大胸筋も一部しか残っていないと言っても

だれも信じないでしょう(笑)

時々、そのことをバラして自慢したい衝動にかられる(笑)

背筋も腹筋も生まれつきもあるのでしょうが、

かなり強い方だと思う。

夜のジムでは親子ほど違う若い子達の中で

「すご〜い」とおだてられながら、せっせと木に登る〜!

余談だけれど、

私の場合再建には自分の筋肉を使うしか方法がないと思っていた。

大胸筋がないのでインプラントは使えないから。

でも、自分の特技(?)の源である

筋肉を犠牲にしてまでの再建は自分にとってはNGだった。

それがポーさんと知り合い、うきふねさんと知り合い・・

素晴らしい先生の素晴らしい術を知ることになる。感謝・・

一年ほど前からダンさんも私がメインにしてるほうのジムに入会。

仕事などでなかなか行く機会が限られるけれど健康のためだもの。


彼は夜や週末しか行かれないけれど

行くときは私が一緒じゃないと行かない(笑)

だから、私は昼間ガンガンやったあとも、ダンさんの付き合いで夜も行く。

この間など昼に続いて夜にも行った時、

インストラクターに「お帰りなさい」って言われてしまった(笑)

言い訳になるけれど、だから結構忙しい。

こんな生活だから「主婦業」がままならないの・・かな?

でもでも、夜(深夜)二人でジムから帰ってきて飲むビールは最高!

やめられましぇ〜ん!

これだもん、いくら運動しても体重減らないわけだわさ。


この文をブログに書いてから、随分経つが
未だに体重は減らない(^^ゞ
このHPのトップへ      本拠地HP