あ・ う ん  a-un (再訪)

前回の訪問記はこちら
安曇野「あ・うん」に初めて訪れてから

わずか二週間

二人は、再び「あ・うん」に向かっていた。
最初の感想記に書いたっけ・・

「あ・うん」は、
とてもとても判りにくい場所にある。



「本当にこの道でいいのかな」と思うくらい

すぐ近くになると
ところどころに「あ・うん」の文字があるので

この道でいいのだなと思うけれど。
それでも、道はこのとおり狭く
前から車が来たら、どうしようかなと
心配になる。
でも、そんな思いをする行程も
「あ・うん」に着くまでの「お楽しみ」と思えば
それもまた楽し。
12時ちょうどに「あ・うん」のドアを開ける。


二週間前は左の和室に通されたっけ。

きょうはどこで食事が楽しめるかな。
「予約してあった○○ですが」と、ダンさん。


そう、きょうはフラッと来たのではなく
予約してあったのだ。

前回、来たときに
「スペシャルランチ」があるけれど
予約制だと知ったので。
きょうは玄関右手のリビング内にある階段を上がって
二階の個室に案内される。

わ♪
二階にも客室があるらしいことは
この間来た時に判っていたけれど

きょうは、その二階が見られるんだ♪
階段をあがると、小さな踊り場があって、やっぱりここも
普通のお家の間取り。

二階はトイレと二つの個室(客室)があって、その一つに通される。

8畳ほどの山小屋風の部屋。
今日のランチは、この部屋を貸しきっていただけるのです。

ランチを貸切の部屋でいただくなんて、ちょっとリッチな気分です♪
左の画像は、部屋から入口を見たところ。

入口の右手はクロゼットになっていて
本当に普通の部屋の作り。

廊下の向こうにトイレと
もう一部屋、客間があるけれど
そちらも、ほぼ同じ作りです。
ダンさんが
ワインと、ノンアルコールビールを注文。

誰がワインで、誰がノンアルコールか?

聞かないで欲しいと思うカミさんです(^_^;)
きょうは、ちょっとワケがあって
カミさんが主役のランチなのです。

だから、カミさんがワイン

え?それは今日に限ったことではないだろうって?


そういうツッコミは入れないでね、と思うカミさんです。
この店は
ランチメニューもほぼ一種類だけれど

スペシャルランチメニューも、お店にお任せの一種類。


「今月のランチメニュー」のサラダの代わりに

ホタテと夏野菜のカルパッチョ(勝手に命名)

パリパリのピザ(写真は二人分)

が、付きます。

二品とも、本当に美味しかった♪


前回いただいた、オリーブオイルを添えた焼きたてパン


豚ヒレの香草パン粉焼き バルサミコソース
          カレイのフリッター レモン&パセリソース 


蟹とブロッコリーのオイルパスタ


海鮮焼きカレー


そして、デザートとコーヒー
スタッフの方が、一品一品、時間を見計らって、
一階の厨房から運んでくださる他は
二人きりで気兼ねなくお喋りしたり
時にはお行儀悪く歩き回ったり。


本当に自由気ままに
素敵なランチタイムが過ごせました。


スタッフの方にお聞きしたら
ここは、もともと別荘だった建物をお店にしたそうです。

なるほど、だからこの作りなのね、納得。
普通の家のような作りだけれど
別荘のように、ちょっと非日常的な異空間。

これが寛げる大事なソースなのでしょうね。

窓から見える景色も、異空間の雰囲気の大切な演出。
たくさん食べて
たくさんお喋りして・・

いい時間をありがとう、ダンさん

また一年
元気で笑顔で頑張れる。
   「あうん」は2012年7月に移転しました。
移転した「あうん」への再訪記はこちらです
HPのトップへ あうん